ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パナソニック初のKitKatスマートフォン「Panasonic T41」がインドで発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドのネットショップでパナソニックの新型Androidスマートフォン「Panasonic T41」が発売されました。パナソニック自身はまだこの機種を発表していませんが、現地の通販ショップ Homneshop18では7,999ルピー(約13,400円)のリーズナブルな価格で販売されています。T41は、4.5インチ854×480ピクセル(FWVGA)のIPS液晶ディスプレイとMediaTek MT6582 1.3GHzクアッドコアプロセッサを搭載したミドルサイズのAndroidスマートフォン。パナソニックの海外向けスマートフォンでは初めてAndroid 4.4.2(KitKat)を搭載して発売されています。もちろんデュアルSIMにも対応しています。メモリは512MB RAMと4GB ROM(Mciro SD対応)。カメラは背面に500万画素と前面に30万画素を搭載。バッテリー容量は1,650mAh。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/WCDMA(HSPA+)に対応しています。Source : Homeshop18


(juggly.cn)記事関連リンク
Meizu MX4は9月に発表? 一部の仕様も伝えられる
HTC One mini 2 LTE版の開封の儀&ファーストインプレッション
金立(Gionee)、スマートフォン世界最薄記録を更新する厚さ5.0mmの「GiONEE GN9005」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP