ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleが「Project Athena」の存在を認める、Chrome OSのUIをAndroid Lスタイルに変更予定?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleのFrançois Beaufort氏が自身のGoogle+ページでChromium OSに新たなユーザー体験をもたらすことを目的とした取り組み「Project Athena」の存在を明らかにしました。現在のChromium OS(Chrome OSのオープンソース版)は、Windows風のウィンドウシステムで、マウスとキーボードによる操作を主体としたUIを採用していますが、公開されたスクリーンショットによると、Chromeタブの表示方法がAndroid “L”で新しくなったスタック形式のアプリ起動履歴画面のようなスタイルで表示されていることを確認できます。UI周りをAndroidと共通のものに刷新しようとしているのでしょうか。Project Athenaは現在のところ実験中の段階で、現在のUIから切り替えるのか、切り替えるとしてもその時期は明らかになっていませんが、GoogleはPC、モバイル、WEBのユーザー体験を統一することを目指しており、それを実現するための“Material Design”という新しいUIのデザイン概念をGoogle I/O 2014で発表しました。今後はAndroid Lの正式リリースのタイミングで他のプラットフォームのUIも刷新するとみられます。Project Athenaは、以前はタブレット用UIとも伝えられており、表示スタイルだけではなく、タッチ操作にも適した内容になることも予想されます。Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
花火大会を検索できるAndroidアプリ「じゃらん花火特集2014年版」、「花火大会 2014 祭り 花火 イルミネーション」、「2014福岡花火大会」を紹介
MeizuはXiaomiのようにFlymeソフトウェアを他社端末にも提供予定
ビッグローブ、会員向けセキュリティサービス「ウイルスバスター月額版」の提供対象にAndroidを追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。