ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】ウクライナ・中東リスクで円買い圧力も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、7月21日~7月25日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、ウクライナ情勢や中東情勢に警戒しつつ、米国と日本のインフレ率に注目する展開となる。ウクライナでの紛争が激化した場合、イラクが内戦に陥った場合、パレスチナ紛争が激化した場合は、リスク回避の円買い圧力が強まることになる。

 しかしながら、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による外貨建て資産への投資増額期待からドルは下げ渋る展開が予想される。

【米国6月のインフレ率】(22日)
 米国の6月のコア消費者物価指数は、前年比+2.0%と予想されており、5月の前年比+2.0%から変わらずと見込まれている。米国のコアインフレ率の上げ渋りは、連邦公開市場委員会(FOMC)による早期利上げ観測後退となることで、ドル売り要因となる。

【日本の6月貿易赤字】(24日)
 日本の6月の貿易赤字は、-6653億円と予想されており、5月の-9108億円からの減少が見込まれている。しかしながら、季節調整後の貿易赤字が1兆928億円と予想されており、原発稼動停止、原油価格上昇による日本の貿易赤字体質は変わらないため、円売り圧力が継続する。

【中東の地政学的リスク】
 イラクでは、アルカイダ系の武装組織「イラク・シリア・イスラム国」が樹立したイスラム国と、イラク、イラン、シリア、サウジアラビアとの緊張が高まりつつある。パレスチナでは、イスラエルによるガザ地区への地上侵攻により、中東全域での地政学的リスクが高まりつつある。イラクが内戦に陥った場合、原油価格が上昇することで、原発稼動停止で原油輸入の依存度が高い日本経済にはマイナス要因、貿易赤字の拡大により円安要因となる。

【ウクライナ紛争】
 ポロシェンコ・ウクライナ政権と親ロシア武装勢力との武力衝突が激化しつつあり、欧米による対ロシア制裁の拡大、ロシアによる対抗措置、マレーシア航空機の撃墜など、ウクライナ情勢が緊迫の度合いを増しつつある。ウクライナ東部での紛争が激化した場合、リスク回避の円買い圧力が強まることになる。

【日本の6月のインフレ率】(25日)
 日本の6月のコア消費者物価指数は、前年比+3.3%と予想されており、5月の前年比+3.4%からの低下が見込まれている。日銀が試算している消費増税の影響は、+1.7%なので、消費増税を除いたコアインフレ率は、前年比+1.6%へ低下することになる。日本のコアインフレ率の上げ渋りは、日本銀行による追加緩和観測を高めることになるため、円売り要因となる。

 7月21日-25日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)6月消費者物価コア指数- 22日(火)午後9時30分発表
・予想は、前年比+2.0%
 参考となる5月実績は、総合指数が前年比+2.1%、コア指数は同比+2.0%。物価上昇率は市場予想を上回った。家賃・宿泊費、医療、被服、新車、航空運賃の上昇などが寄与した。6月については5月並の物価上昇が想定されており、市場予想は妥当か。

○(米)6月中古住宅販売件数- 22日(火)午後11時発表
・予想は、497万戸
 参考となる5月実績は前月比+4.9%の489万戸で市場予想を上回った。4月実績は上方修正されており、直近の中古住宅販売はまずまず順調だった。6月については、住宅価格の上昇が一服しつつあることから、5月並の数字が期待されており、市場予想は妥当か。

○(米)6月新築住宅販売件数- 24日(木)午後11時発表
・予想は、48.0万戸
 参考となる5月実績は前月比+18.6%の50.4万戸。新築物件の販売価格の上昇は適度に抑制されていることなどが影響しているようだ。住宅5月末時点の新築住宅在庫は減少している。6月については、5月の販売件数が大幅に増加した反動でやや減少する可能性がある。

○(米)6月耐久財受注- 25日(金)午後9時30分発表
・予想は、前月比+0.5%
 参考となる5月実績は、前月比-0.9%。輸送機器を除く数字は同比0.0%だった。6月については、5月に減少した反動を考慮する必要があるが、全体の数字についての市場予想は妥当か。

 主な発表予定は、24日(木):(日)6月貿易収支、25日(金):(日)6月全国消費者物価指数

【予想レンジ】
・ドル・円/99円00銭-103円00銭

【関連記事】
住宅ローン 安倍政権のインタゲ導入で変動金利は大幅負担増
金価格は「ミセス・ワタナベ」の活躍でさらに上昇と専門家
増税後の株価予測「日経平均9000円割れ」を予測する専門家も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP