ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

民間の年金保険より国の年金のほうが割がいい 権利放棄は損

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今後、受け取れる年金の金額が減ることが既定事実となりつつあるが、年金だけでは、老後に安定した生活を送れない。2013年の総務省「家計調査」によると、高齢夫婦世帯の1か月の年金収入は平均22万円程度なのに対し、出ていく収入は27万円。

 かといって、「年金なんて、どうせ破綻するから払うだけ損」というのは行きすぎた考えだ。ニッセイ基礎研究所年金総合リサーチセンター・中嶋邦夫主任研究員が言う。

「将来受け取れる国の年金と、民間の年金保険を比べると、国の年金のほうが断然割がいい。保険料を払わずに、もらう権利を放棄するのはとても損です」

“年金博士”として知られる社会保険労務士の北村庄吾さんも同じ考え。

「国の年金は、一生もらえる終身型。つまり、100才以上生きてもずっと受け取れます。民間の年金保険などは、受け取れる期間が決まったものが多い。いわば、“長生きするリスク”に備えている点で、国の年金はとても優れています」

 年金は積立金不足でいずれ破綻するのでは──という声も聞く。だが、これも完全な誤解。年金を支える柱は、そのときの現役世代が払う保険料や税金。積立金は、年金財政の“へそくり”にすぎないのだ。

 さらに、この保険料のほとんどは、会社員の給与から(強制的に)天引きされる形。報道されている『年金の未納』は、自営業者などに限った話で、会社員の場合、年金の未納は起こらず、年金がゼロになる可能性はほとんどない。

 たとえば、現在65才の女性の平均余命(あと何年生きられるか)は23年。88才まで生きる計算で、受け取れる年金総額は、国民年金だけで1800万円近く(満額の月額6万4400円で計算)。納める保険料の総額は720万円(年間18万円×40年)で、1800万円受け取れるのだから、2倍以上に増える計算になるのだ。

※女性セブン2014年7月31日・8月7日号

【関連記事】
サラリーマンから個人事業主まで すぐにわかる年金の仕組み
50歳以下の世代は確実に年金払い損になると年金博士が試算
健康保険料抑えるため 4~6月に残業や副業はしないのが吉

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP