ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

W杯特番の低迷で裏番組が軒並み高視聴率 大河ドラマも恩恵

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドイツの優勝で幕を閉じたサッカーW杯ブラジル大会。日本はグループリーグで敗退。時差の関係もあったせいか、日本戦中継の視聴率は当初期待されたほどは伸びなかった。だが、テレビ局にとって、それ以上に痛かったのがW杯ハイライト番組の低視聴率だ。テレビ局関係者が話す。

「ゴールデンタイムで放送したハイライト番組は、各局とも3~6%台という数字に終わりました。試合中継ではないため、ある程度予想されたことではありましたが、ここまで悪いとは……。本当に厳しい結果です」

 一方、ハイライト番組の低視聴率の影響は、思わぬ効果も生んでいた。

「裏番組の視聴率がグンと上がるのです。たとえば、6月28日(土曜)はフジテレビが19時から2時間にわたり、『2014FIFAワールドカップウイークリー』を放送。視聴率は4.2%でした。そのウラで、日本テレビの『天才!志村どうぶつ園』は16.1%を記録。6月の同番組の視聴率は、12.7%(7日)、10.1%(14日)、11.8%(21日)でしたから、明らかに視聴者がフジから日テレに流れたのでしょう。

 25日(水曜)はテレビ東京が『2014FIFAワールドカップDAILY』を放送し、視聴率は3.1%。そのウラで、日本テレビの『笑ってコラえて!』は17.3%と高い数字を弾き出した。6月の同番組は、11.3%(4日)、8.4%(18日)です(※11日は放送なし)。もちろん、内容がよかったというのもあるのでしょうが、やはりW杯ハイライト番組の裏番組だったことが大きいでしょう」(同前)

 他にも、20日(金曜)の『爆報!THEフライデー』(TBS系)は番組史上最高となる15.6%を記録。このときも、裏番組では『2014FIFAワールドカップデイリー』(フジテレビ系)が2時間放送されていた(視聴率は4.2%)。W杯ハイライト番組が不調に終わったことで、裏番組の数字がことごとく上がったわけだが、この現象は、NHKの大河ドラマにも波及していた。

「『軍師官兵衛』は1月5日の初回こそ視聴率18.9%でしたが、5月4日には12.3%まで落ちています。そこから徐々に視聴率を持ち直していく中で、6月15日には17.5%を記録。これは初回、3回目に次ぐ3番目の高視聴率(7月13日現在)でした。その同じ時間帯ではTBSが『2014FIFAワールドカップDAILY』を放送し、4.5%と惨敗。一定の視聴者が大河ドラマに流れたと考えられます。

 その証拠に、W杯ハイライト番組のなかった22日、29日は16.4%、14.9%と数字を下げています。そして、7月6日、テレビ朝日が『2014FIFAワールドカップウイークリー』(4.9%)を放送すると、『軍師官兵衛』は16.7%と再上昇しました。

 その翌週は、W杯特番がなかったものの、17.5%とさらにアップ。前週流れてきた視聴者を確実に掴んだと言えます。もちろん、ドラマの面白さや役者の努力も視聴率アップの要因の一つですが、W杯ハイライトという裏番組との兼ね合いも見逃せません」(同前)

 予想以上の低視聴率に終わったW杯ハイライト番組だが、それなりに恩恵を受けた番組もあったようだ。

【関連記事】
民放W杯関連番組低視聴率 今後の芸能人起用の岐路となるか
過激昼ドラ『幸せの時間』苦情殺到で性描写が質・量とも減少
視聴率最高記録は『第14回NHK紅白歌合戦』の81.4%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP