ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝説の棋士の孫娘が囲碁のヒロインに 中卒選択は迷いもせず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 囲碁界に新しいヒロインが誕生した。藤沢里菜二段、15歳。「第1期会津中央病院杯・女流囲碁トーナメント」で見事優勝を果たし、女流棋戦最高額の賞金700万円を手にした。15歳9か月でのタイトル獲得によって、謝依旻女流名人が17歳1か月で樹立した最年少記録を大きく塗り替えるおまけもついた。

 優勝してから半月ほどたったが、「まだ実感がわいていません。とにかくどの碁も苦しい戦いで、ほとんど逆転勝ちばかり。運がよかった。まさかタイトルが獲れるとは思っていませんでした」と、里菜さん。よく笑い、はきはき話す明るいお嬢さんだ。

 里菜さんはもうひとつ、最年少記録を持っている。それは11歳6か月でのプロ入り。なんと、小学5年生でプロ試験に合格し、6年生からプロ棋士として活動しているのだ。

 現在は高校1年の年齢だが、進学はしていない。「囲碁一本がいいので。高校に行くかどうかなんて、迷いもしませんでした」。可愛らしい顔の奥には、しっかりとした自分の意思があった。

 名人などタイトルを獲得する超一流棋士は、ほとんどが中卒だ。有望な棋士ほど義務教育のうちにプロになって、サラリーマンの平均給料に近い、いや、それ以上の対局料や賞金を獲得する生活が10代のうちに始まる。

 たとえば現在トップ棋士の井山裕太六冠は25歳。昨年の賞金総額は1億6000万円だ。進学しないというのは、生活に困らないというのもあるが、なにより、若いときに囲碁に打ち込むことは、勝負師にとって大事なことのだ。真剣勝負、勝つこと、負けること、研究……10代での経験すべてが血肉となり、棋士としての将来を決めるといってもいいだろう。

 勝ち負けがはっきりする世界。努力が必ず結果に表れるとも限らない世界。端から見て「大変だなあ」と思うのだが、本人たちはどうも違うようだ。里菜さんは「自分の好きなことをやって(生活できる)、幸せです」。一流棋士の道を里菜さんも確実に歩んでいる。

 ところで、「囲碁棋士」で「藤沢」といえば、故藤沢秀行名誉棋聖をご存じのかたもいるだろう。棋聖や名人など23ものタイトルを獲得した大棋士だっただけでなく、門下や国境を超えて若手を育成し、囲碁界に大きな足跡を残した。

 また、私生活では、酒・ギャンブル・借金・女性関係などの破天荒ぶりも有名で、アルコール依存症の禁断症状と闘いながら対局を重ね、癌を3回も克服するなど、「最後の無頼派」とも呼ばれた。

 里菜さんは秀行名誉棋聖の孫で、父親の藤沢一就八段(秀行の五男)も棋士。お兄さんもお母さんも、母方の祖父も碁を打つ囲碁一家で育った。

 碁のルールを覚えたのは、6歳。洪清泉(ほんせいせん)二段に習った。洪二段は強い棋士を育てるのを目的とした「洪道場」を主宰している。現在は12人のプロ棋士を輩出し、期待の若手棋士の多くが洪道場出身だ。

「他の子より小さいときから里菜を教えているので、妹のような感じ」と、洪さんは出世頭の活躍に目を細める。里菜さんは修業時代、週6日、1日6時間道場に通って研鑽を積み、プロ入りを果たした。

 秀行名誉棋聖は1925年生まれ。1998年生まれの里菜さんとは73歳差もあり、里菜さんがプロ試験に合格したときには、すでに秀行名誉棋聖は亡くなっていた。

 秀行名誉棋聖のことを、一番弟子の高尾紳路十段(元名人・本因坊)は、「碁に関しては厳しく、ただただ怒られました。褒められたことは生涯で2、3回だけ。しらふだと優しいのですが、いったんお酒が入ると大声をあげ、弟子たちを怒鳴り散らす。酔っていると近寄れませんでした」と回想している。

 里菜さんも検討会などに参加したことはあったものの、「祖父との思い出というほどのものは……。優しくて、酔っ払ったところも見たことありません」。

 しかし棋士どうしは、直接教えを受けなくても、棋譜(碁の手順を記録したもの。音楽の楽譜にあたる)を通して、思いが伝わる。里菜さんは秀行名誉棋聖の碁を並べることで感じ取る。「普通じゃ想像もつかない、ぞくっとする手があって。すごいなあと思いました」。

 洪二段によると、里菜さんの棋風(碁のスタイル)は、着実にポイントをあげていく「地にからい」タイプだという。将来に期待して最初からポイントを稼がず力を貯める「厚い棋風」の秀行名誉棋聖とは正反対だ。

 ところが決勝の碁は、いつもの里菜さんではなく、秀行名誉棋聖が好む「厚い」スタイルの碁を打って勝ちをおさめた。洪二段は「里菜のことを秀行先生が守ってくれている」と感じることが多いという。

 破天荒な秀行名誉棋聖とは似ても似つかぬ里菜さんだが、受け継いだところもある。それは囲碁に対しての一途さだ。

 囲碁は2000年以上も前から打たれているが、いまだ極められていない。コンピュータもアマ高段者レベルで、プロとは歴然とした差がある。それほど「碁の魅力は奥深いところ。やってもやっても突き詰められないからおもしろいのです」と里菜さん。

 今後は、女性棋士前人未踏の「女流棋戦」以外のタイトル獲得を目指してほしい。それだけの実力、可能性は十分ある。きっと、本人も胸の内では目標にしていると思う。

【藤沢里菜/ふじさわ・りな】
1998年9月18日生まれ。埼玉県出身。藤沢秀行名誉棋聖門下。2010年プロ入り(女流棋士特別採用最年少記録)。2013年二段昇段。2014年第1期会津中央病院杯で初タイトル獲得。日本棋院東京本院所属。

●取材・文/内藤由起子(囲碁ライター)
●編集/田中宏季
●撮影/山崎力夫


【関連記事】
米で生まれ育ち日本で囲碁棋士になった男性が半生を綴った本
羽生善治の強さの秘密を最古参棋士加藤一二三九段が論じた書
“囲碁界のアイドル”吉原由香里氏 囲碁上達の3つの助言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP