ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

LG G3に搭載された写真のピント位置を撮影後に変更できる「マジックフォーカス」機能を紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

この記事では、LGの新しいグローバルフラッグシップモデル「LG G3」に搭載されている「マジックフォーカス」という何とも思わせぶりな名前の機能を紹介します。マジックフォーカスは、撮影した写真のピントの位置を後から変更する機能のことです。例えば、特定の物体にピントが合うように撮影したとしてもずれてしまっていた場合、撮影後に被写体部分をタッチするだけでそこにピントが当たるように補正できます。また、近くの物体にピントを当てて撮影した場合、遠くがぼけることがありますが、マジックフォーカスでは画像全体にピントが当たるよう補正することもできます。マジックフォーカス機能はカメラのモードメニューにある「マジックフォーカス」をタップするとONになります。後は、いつも通り撮影を行うだけです。シャッターボタンをタップすると、”ウィーーーーン”という効果音が2秒ほど鳴り、撮影が完了します。ピント位置を後から調節できると言っても撮影直後だけです。撮影後に画面右上のギャラリーボタンを開くと編集モードが開くので、その画面で補正作業を行います。

ピントを当て直す方法は、画面の被写体タッチするか、右側のスライダーを上下に動かします。スライダーはフォーカス位置をマクロレベル~無限遠に合わせるという内容です。画面右上の「All in Focus」ボタンをタップすると画像全体にピントが当たるように補正されます。


(juggly.cn)記事関連リンク
Reader for Gmail : Gmailの新着メールを勝手に読み上げてくれるAndroidアプリ
Last App Swicher : 直前に使ったアプリをシングルタップで呼び出せるランチャー系アプリ
HP、フルHD対応の10.1インチタブレット「HP 10 Plus」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。