ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国・習近平国家主席自ら「秘書道」語る裏に腐敗への警告も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の習近平国家主席が1992年の福建省福州市のトップ時代に発表した秘書の心構えに関する論文が中国共産党機関発行の雑誌「秘書工作」に掲載され話題を呼んでいる。

「自分を誇示しない」「慎ましやかに」「身辺は清潔に」など、極めて常識的な内容だが、習氏が主導する腐敗撲滅キャンペーンで、大物幹部のほか、その幹部の秘書が多数逮捕されていることから、習氏自ら「秘書道」を説き、「虎の威を借る狐」ならぬ、「幹部の威光をかさにきて腐敗に身を染めるな」との警告とみられる。「中国共産党新聞網(ネット)」が報じた。

 秘書工作に発表された習氏の論文は「秘書の仕事の心構え──県政府幹部と胸襟を開いて話し合う」と題したもの。秘書に望むことは責任感が強く、仕事を効率的にやり、しかも水準が高いとの3点を挙げる。

 秘書に要求される基本的な条件については、清廉潔白であり、控えめで慎ましやか、勤勉であることの3点をあげている。とくに、最初の清廉潔白については「両袖にすがすがしい風が吹いていること」と説明している。「袖」は「袖の下」とも言って、賄賂を入れる場所とされていることから、「袖が軽い」ことから転じて、腐敗に染まっていないことを強調したものだ。

 最後に、秘書がやってはいけない5つの戒めに言及。権力を誇示しないことや自分の能力を誇大に自負しないこと。3つ目に感情的にならないこと。とくに、上司に感情的な不満をもち、組織の秘密を漏らすようなことがあってはならない。4番目はその逆に、自分を卑下しないこと。最後に上司の決定に従わず、自分勝手な行動を取らないこと。

 いずれも常識的なことだが、中国では地方でも中央の機関でも、共産党幹部の権力は大きく、ランクが高い幹部ほど忙しいことから、その秘書も大きな発言力を持つことになる。このため、幹部の威を借りて、腐敗に染まることも珍しくない。また、幹部の命令で、汚職の仲介をすることも珍しいことではない。

 とくに、いま習近平指導部では腐敗撲滅キャンペーンに力を入れており、党最高幹部だった周永康・元政治局常務委員が身柄を拘束されていると伝えられているが、同時に周氏の秘書だった7人の幹部も逮捕され処分を受けている。また、中国人民解放軍の制服組トップだった徐才厚・元中央軍事委員会副主席が党籍剥奪処分を受けたが、徐氏の秘書だった軍幹部も取り調べを受けているといわれている。

 このため、米国に拠点を置く中国情報専門の華字ニュースサイト「多維新聞網」は「党トップの習氏の1992年当時の論文が改めて発表されたのも、秘書に警告を発する狙いがあるのは間違いない」と指摘している。

【関連記事】
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
習近平主席の個人秘書明らかに 平の党員だが要職へ昇進確実
「習近平副主席の話は本当につまらない」中国共産党幹部ボヤく

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP