ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジ『ワイドナショー』生放送でも低迷 時期ズレてれば…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月から、フジテレビ系列の日曜朝10時台は『笑っていいとも増刊号』から松本人志や中居正広の出演する『ワイドナショー』に変わっている。裏番組の『サンデー・ジャポン』と同じジャンルの番組だけに、視聴率対決が注目されたが、これまでのところ生放送の『サンジャポ』の圧勝となっている。テレビ局関係者が話す。

「前々から言われていることではありますが、ニュースやワイドショーを収録で放送しても視聴率は絶対に上がりません。いかに旬なネタを放り込めるかに掛かっている分野ですからね。たとえば、ビートたけしが『新・情報7daysニュースキャスター』で自身の離婚危機報道ネタに触れて話題になりましたが、生放送だからこそ対応できること。収録だったら間に合わなかったでしょう」

 とはいえ、『ワイドナショー』も生放送にチャレンジしている。6月29日、初めての生放送に挑んだが、視聴率は5.2%(10時55分からの『B面』は5.5%)で、いつもとあまり変わらない数字だった。

「ただ、この週はワイドショー的に美味しいネタがほぼなかったので、生放送でも収録でもあまり変動しなかったと分析できます。翌週(7月6日)は収録に戻り、4.8%と数字を若干落としています。

 実はこの週は、元兵庫県議の野々村竜太郎氏の“号泣会見”というイジれるネタがあったのですが、松本は一切触れなかった。要するに、収録に間に合わなかったわけです。これでは、せっかく松本を起用している意味がなくなってしまう。スタッフは、“1週間、生放送がズレていれば……”という思いもあったでしょう。要するに、運にも見放されています」

 毎週、生放送なら、そうしたニュースにも対応できるのだろうが、それは無理なのだろうか。

「松本人志、中居正広、東野幸治という超売れっ子のスケジュールを、今から調整することはかなり難しいと思います。たまにはできても、毎週となると……。でも勝負するなら、生放送しかない。野々村氏という旬なネタがあったのに、それに触れないのは、あまりにも不自然と誰もが感じたように、収録には無理があります。

 もっと言えば、『いいとも増刊号』が終了することは昨年10月の時点でわかっていたわけです。半年前に番組終了が決定していることは、テレビ界では異例中の異例。準備期間は十分あった。それなのに、後手後手に回っているようでは……。

『いいとも増刊号』の代わりに、『ワイドナショー』を持ってくると決めたのが遅かったわけです。だから、各人のスケジュール調整ができなかった。『いいとも』の後番組だからこそ、もっと力を入れなきゃいけない枠だったはずですが……」(同前)

【関連記事】
ワイドショー事情 「収録」ではなかなか視聴率取れない現実
田中みな実アナ独立 先輩・小林麻耶の二の舞い避けられるか
亀井京子アナのブレイク 夫・DeNA林昌範投手の成績に影響説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP