ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SamsungがGalaxy S 5の「ウルトラ省電力モード」をアピール、一度も充電することなく米国を横断することに成功

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsungの米国法人がGalaxy S 5のプロモーションの一環として、「ウルトラ省電力モード」の効果をアピールすべく、一度も充電せずに米国本土を横断できるかという面白いチャレンジを敢行したそうです。その結果を公表した動画がYouTubeの公式チャンネルで公開されました。ウルトラ省電力モードは、音声通話やSMSの送受信機能、任意のアプリ数個だけを利用できるようにした専用のホーム画面を表示してバッテリーの消費を通常よりも抑えるための省電力機能です。充電できない環境下でも携帯電話としてできる限り長い間利用できるようにと導入されました。テストはウルトラ省電力モードをONにした状態でGalaxy S 5を一度も充電することなく、ニューヨークからサンフランシスコまでを自動車で走りきれるかを確かめたという内容です。結果は1週間かけて目的地に到達し、ゴール時には8%残っていました。100%(初日)→73%(3日目)→52%(4日目)→36%(5日目)→17%(6日目)→8%(7日目)。走行距離は3,504マイル(約5,639km)で、所要時間は150時間でした。移動中は86通のSMSを送信し、119枚の写真と4分ちょっとの動画を撮影、16分の通話を行ったそうです。このテストから、ウルトラ省電力モードを利用した場合の持ち時間の目安は大体1週間前後で、1日ことのバッテリー消費量はまちまちですが、今回のテストの場合だと、1日20%を超えることがないことがわかりました。


(juggly.cn)記事関連リンク
GoogleはAndroid版Googleマップ v8.2で“I am Here”機能をテストしている模様
パナソニック初のKitKatスマートフォン「Panasonic T41」がインドで発売
「HP Slate 8 Plus」と「HP Slate 10 Plus」のプレス画像と詳細情報が流出、どちらもHuaweiのOEM品の模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。