ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Rake、中孝介×台湾アーティストが主題歌を担当した映画の日本公開が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仙台出身・在住のアーティストRake、奄美大島出身・在住のヴォーカリスト中孝介の二人と、台湾のアーティスト范逸臣(ファン・イーチェン)、舒米恩(スミン)、羅美玲(ルオ・メイリン)がコラボを組んで主題歌を歌う台湾映画「KANO」が、「KANO 1931海の向こうの甲子園」の邦題で2015年1月24日から日本公開されることが決定! このたび特報映像も公開された。

映画「KANO」 (okmusic UP's)

映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」は、日本統治時代、台湾国内でも弱小だったチームが台湾大会を優勝し、台湾代表として甲子園に出場し決勝まで勝ち進んだ感動の実話を、台湾映画最大規模の制作費をかけて映画化した超大作エンターテイメント。台湾では、今年2月27日から公開され、球児の奮闘に涙し絶賛する声が広がり、公開60日で3億台湾ドル、日本円にしておよそ10億円を越える空前の大ヒットを記録。本作は、台湾で大ヒットした2008年公開の「海角七号 君想う、国境の南」、2011年公開の「セデック・バレ」を監督したウェイ・ダーションがプロデューサーを務め、「セデック・バレ」に出演していたマー・ジーシアンがメガホンをとり、監督として長編デビューした作品としても話題を呼んだ。主演は、野球部監督・近藤兵太郎役の永瀬正敏、さらに、台湾の農業発展に大きな貢献をした水利技術者・八田與一役に大沢たかお、近藤兵太郎の妻役に坂井真紀ら、日本人キャストが主要キャストとして出演している。

同作の主題歌「風になって~勇者的浪漫~」は日本のRakeが作詞・作曲を手掛け、Rake、『海角七号』への出演で台湾で一躍スターとなった中孝介、そして台湾の人気歌手、ファン・イーチェン、スミン、ルオ・メイリンの4人による国境を越えたコラボレーション楽曲となっており、映画同様、既に台湾で大ヒットを記録している。

特報映像など、詳細は公式サイトでご確認を。

映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」
2015年1月24日日本公開

出演:永瀬正敏 大沢たかお 坂井真紀 ほか

主題歌:「風になって~勇者的浪漫~」Rake 中孝介 ファン・イーチェン スミン ルオ・メイリン(EPICレコードジャパン)

製作総指揮:ウェイ・ダーション

監督:マー・ジーシアン

脚本:ウェイ・ダーション チェン・チャウェイ

プロデューサー:ウェイ・ダーション ジミー・ファン

音楽: 佐藤直紀

制作会社:果子電影有限公司(ARS Film Production)

提供:ソニー・ミュージックレーベルズ、ショウゲート、tvk

配給:ショウゲート  宣伝:ヨアケ

(C)果子電影

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」公式サイト
中孝介、中国単独ライブツアー大成功&12月に東京国際フォーラム・ホールC公演開催決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。