ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE Blade Vec 4GはNexus・Google Play Edition以外で初めてGoogle Nowランチャーを標準ホームアプリに採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 ZTEは7月18日(現地時間)、NexusシリーズやGoogle Play Edition以外で初めて「Google Nowランチャー」を標準ホームアプリとしたAndroidスマートフォン「ZTE Blade Vec 4G」を発売すると発表しました。「Google Nowランチャー」は、Googleが作成したAndroid用のホームアプリで、画面をスワイプするとGoogle Nowパネルが表示されるほか、「OK,Google」の音声コマンドで音声検索を利用できるところが特徴です。現在のところはNexusシリーズとGoogle Play Editionにしか提供されていませんが、「ZTE Blade Vec 4G」から他社端末にも搭載可能になったようです。ZTEは既に「Mifavor UI」という独自のカスタムUIを持っているのですが、人気のBladeシリーズの新作で変えてきたのはなぜなのでしょう。ZTE Blade Vec 4Gは、Android 4.4とSnapdragon 400プロセッサを搭載したLTEスマートフォンです。仕様詳細は公開されていませんが、7月24日に香港で正式に発表され、中国や欧州で発売される予定とされています。Source : ZTE


(juggly.cn)記事関連リンク
米国のSonyストアでSIMロックフリーの「Xperia Z2」が発売開始
PressyのようなAndroid用外付け物理ボタン「Android KlicK Quick Button 1S」、「i-Key」、「Xiaomi MiKey」がAmaozn.co.jpで販売中
Philipsが中国でフルHDディスプレイを搭載したオクタコアスマートフォン「Philips Mobile I908」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP