ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【働く女子のストーリー】社員旅行ではじまる恋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ついていけないな」

加藤さん(32歳/イベント会社勤務)は社員旅行に来ている。場所は、温泉でも避暑地でもない。快晴のビーチだ。

向こうの浜辺では、会社主催のパーティーで、微妙なDJが、大音量で音楽をかけている。加藤さんは、その輪からそっとひとり抜け出してきてしまった。

去年、えいや、と思い切って転職して入ったイベント会社は、20代の多い職場だった。仕事柄か、ノリが学生っぽい。

社員旅行があると聞いて「いやだな、行きたくないな」と思いつつ、ホットパンツやリゾートワンピをいそいそと鞄に詰めている自分がいた。

目の前に広がる砂浜は、潮が引いて、向こうの島までつながっている。

思わず、ふうーっと長い息を吐いて顔をあげると、遠くから大きな雲の塊が頭上めがけて流れてきた。

雲は次々向かってきては、通り抜けていく。まるで雲の影が体を通っていくみたい、そう思いながら手を広げ、その不思議な感覚に身を浸した。なんだか、久しぶりの解放感。

「心まで洗われていくみたいだよな」

頭上から落ちてきた低い声にはっとして横を見ると、営業課の小川くんだ。幸せそうな顔をして、加藤さんと同じように手を広げて空を仰いでいる。

「ほら、また来るぞ」

加藤さんは思わず笑みを浮かべて、空を見あげる。お気に入りのワンピースのすそが、風でひらひらとはためいている。

「おーい、ごはんですよ~!」

どれぐらいそうしていただろうか。遠くから突然聞こえてきた同僚の声で現実に引き戻された。

しかし、まるでサザエさんのような呼びかけだ。だんだんおかしくなって、小川くんとふたり、顔を見合わせて笑い合ってしまった。

本日は快晴。空はどこまでも青く、澄み渡っている。

■ あわせて読みたい
仕事で悩んだときに『星の王子さま』が教えてくれたこと
1日10食限定の「フレンチトースト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP