ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シーナ&ロケッツ、ニューアルバム特設サイト開設! リリースパーティ&DJSHOWの生配信も!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

通算18枚目のオリジナルアルバム『ROKKET RIDE』の発売が7月23日にせまっているシーナ&ロケッツが、デビュー35周年を記念して、『ROKKET RIDE』特設サイトを開設した。


特設サイトでは、著名人からの35周年お祝いコメントを公開。コメントが届いた著名人は、オカモトショウ(OKAMOTO’S)、カンニング竹山、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、鋤田正義、高橋みなみ(AKB48)、冷牟田竜之(THE MAN)、増子直純(怒髪天)、リリー・フランキー、ROY(THE BAWDIES)の9組。それぞれのシーナ&ロケッツへの熱い想いが込められており、35年の間、シーナ&ロケッツのロックロールがたくさんの人たちへ影響を与えてきていることが伺えるコメントが到着した。

そして、ニューアルバム『ROKKET RIDE』の鮎川誠自身の言葉による、全曲解説も同時に公開。大胆かつ繊細に行なわれた一発録りによるレコーディング秘話や未発表曲「ロックンロールの夜」を作り上げた想い等、アルバムへの期待が高まることは間違いない内容になっている。是非アルバム発売後は、全曲解説を読みながら『ROKKET RIDE』を楽しんでほしい。

また、リリース日前夜の7月22日(火)21:00から、『ROKKET RIDE』プレイバックパーティ&DJ SHOWの模様を、USTREAM生配信することが急遽決定! 当日は、収録曲「素敵な仲間」の作詞を手掛けた DJであり音楽評論家の山名昇と鮎川誠が、アルバム全曲を爆音でプレイバックしながら、トークセッションが行なわれる模様。シナロケ史上初の大胆かつ贅沢な”プレイバックパーティ”となる。再放送はされないので、お見逃しなく!

■『ROKKET RIDE』特設サイト

http://www.jvcmusic.co.jp/sr35th/

■『ROKKET RIDE』プレイバック・パーティ&DJ SHOW

http://www.ustream.tv/channel/speedstarch 

【著名人お祝いコメント】
■オカモトショウ(OKAMOTO’S)

初っ端から正しかった。やっぱり、俺のヒーローなんだ!

■カンニング竹山

シーナ&ロケッツ様、カンニング竹山でございます!35周年、そして18th枚目のアルバム発売おめでとうございます!今はこんなダッセーおじさんになってしまった僕ですがシナロケの音楽を聴くと博多でロックの真似事をやっていた少年時代の熱く沸切った今にも爆発しそうなあの気持ちが蘇ります!同じ福岡出身の大先輩、そして43歳の俺を熱くさせてくれる心の先生!シーナ&ロケッツ様!俺にROCK’N ROLL HEARTをこれからもまだまだ蘇らせて下さい!ROCK’N ROLL!!

■甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)

憧れです。シーナ&ロケッツに憧れない奴なんかいるのか?全てのロックンロール小僧に勇気を!!

■鋤田正義

6年3ヶ月ぶりのニューアルバム「ROKKET RIDE」が出る。

27年ぶりのフォト・セッションの最中の時だが、時間が止まった様な瞬間を何度も感じた。若い、とても若い、シーナ&ロケッツいいぞ!いいぞ!

■高橋みなみ(AKB48)

シーナ&ロケッツさん、結成35周年、そして18枚目のアルバムリリースおめでとうございます!

以前、鮎川誠さんとは番組で共演させて頂き、短い時間でしたが収録を通じてロックの熱い魂を強く感じました。

35周年の間には、大変なことも多くあったと思いますが私たちも、長く愛されるグループになれるようにメンバー一同協力して頑張っていければと思います。本当におめでとうございます!

■冷牟田竜之(THE MAN)

シーナ&ロケッツのライブを小倉堅町のヤマハホールで初めて観たのは18歳の時だった。あの一撃ですっかり殺られた俺はずっとシーナ&ロケッツを聴きつづけている そして殺られ続けている。35周年 18枚目に当たるこのアルバムを聴いて最初にシーナ&ロケッツを体験したあの衝撃が蘇って来た。ロックンロールの初期衝動を強烈に感じる素晴らしいアルバム。殺し屋のロックだ。

■増子直純(怒髪天)

今作もバリバリ健在のシナロケ節は、日本ロック界の「米と味噌汁」だ!今時のガキ共が大好きな流行りのスイーツを毎日なんてキツすぎる。俺たちの不健全な心と身体を育むのは365日でも食べ飽きないR&Rなのだ。

■リリー・フランキー

35周年の月日を数えても、更に瑞々しく転がり続けるシーナ&ロケッツに、私は美しさと力強さと、ロックンロールを学びました。

Keep on Rock’n Roll!!

■ROY(THE BAWDIES)

「ロックンロールって何?初期衝動って何?」って質問する前にシーナ&ロケッツを聴いてほしい!

そこで感じたものが本当の答えだ!と思います。言葉で説明するなら『ロックンロール』とは初期衝動を爆発させ、転がり続けること… つまりシーナ&ロケッツを指す言葉なんです!

アルバム『ROKKET RIDE』
2014年7月23日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

VIZL-697/¥3,500+税

【通常盤】(CD only)

VICL-64191/¥2,800+税

<収録曲>

01. ROKKET RIDE

作詞:クリス・モスデル 作曲:鮎川誠

02. Ride the Lightning

作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

03. 太陽のバカンス

作詞:柴山俊之 作曲:シーナ

04. Baby Love

作詞:柴山俊之 作曲:シーナ&鮎川誠

05. ROCK FOX

作詞:クリス・モスデル 作曲:鮎川誠

06. 電撃BOP

作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

07. Madness City

作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

08. I’m So Glad

作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

09. 夢にしか出てこない街

作詞:山名昇 作曲:鮎川誠

10. 素敵な仲間

作詞:山名昇 作曲:鮎川誠

11. 風を味方に

作詞:柴山俊之 作曲:鮎川誠

12. ロックンロールの夜

作品:阿久悠 作曲:鮎川誠

<初回限定盤特典DVD>

-RECORDING DOCUMENT-

ROKKET RIDEレコーディングドキュメント

-LIVE-

鮎川誠生誕66周年ライブ「GOLDEN66」

01. ホラ吹きイナズマ “I’M FLASH (Consolation Prize)”

02. JAPANIC

03. なまずの唄 “CATFISH”

04. レイジー・クレイジー・ブルース

05. レモン・ティー

60. ユー・メイ・ドリーム

『シーナ&ロケッツ 35th ANNIVERSARY “ROKKET RIDE TOUR@野音”』
9月13日(土) 日比谷野外大音楽堂

開場 / 開演:16:30 / 17:30

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
シーナ&ロケッツ オフィシャルサイト
シーナ&ロケッツ、アルバムティザー映像公開&タワレコとのスペシャルコラボ発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP