ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イケてる大人はテレビを観る「場所」にこだわる。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かつてボクたちの生活に欠かせない存在だったテレビ。しかし、仕事が忙しいなどの理由で、学生のときほど観られていない…という人も多いのでは? ところが、情報感度の高いR25世代たちは、すでに新たなテレビの視聴スタイルを見つけ出していた! その実態を探るべく、情報アンテナを張る今ドキのビジネスパーソンが集まるソーシャルアパートメントへ! ソーシャルアパートメントとは、プライバシーを守りながら入居者同士がコミュニケーションを楽しむ新しい暮らし方ができる場所だ。

●場所や時間に縛られない、新しいテレビ視聴のスタイル

【画像や図表を見る】

テレビを観る場所といって真っ先に思い立つのはリビング。しかし、ソーシャルアパートメント「GRAPHY NEZU」に住む人々のテレビの観方はちょっと違う。パナソニックの持ち運びができる小型テレビ「プライベート・ビエラ」(T3シリーズ/防水・録画タイプ)を利用して、場所や時間に縛られず、家中で自由に視聴しているのだ。

「たとえば煮込み料理をしているとき、どうしても観たいテレビがあっても火元から離れられないので、観るのをガマンしなければいけないことってありますよね。でも、このプライベート・ビエラなら自由に持ち運びできるから、料理をしながらキッチンでテレビを楽しむことができるんです。しかも防水だから、シンクで使っても水を気にする必要がないんです」

そう話すのは会社員の大井美智子さん(仮名)。ほかにはどんな使い方をしているんですか?

「フィットネススペースでヨガをやっているのですが、3分くらい同じポーズをしなければいけないことがあるんです。そういうときにも“ながら見”ができるので便利ですね。あとはお風呂! 防水だから水に濡れても心配ないし、ゆっくり半身浴をしながら録画しておいた番組を観られていいですね」

なるほど。自由に持ち運びができるからこそ、“ながら見”に最適というわけだ。さらに…

「英語を勉強しているので、海外の番組をよく観ます。平日は帰宅時間が遅いため、番組は録画して観ることがほとんどですね。でも『あとで録画しよう』と思っても、忘れることも多くて…。気がついた時にタッチパネルでサクッと録画できるのもうれしいポイントです。録った番組を一緒に住んでいる人たちに教えて、シェアするのも楽しそうですね」

とも。では、ほかの住人はどのような使い方をしているのだろう。夫婦で居住している加藤たけしさんのご夫婦に聞いてみた。

「僕たち夫婦は、ともにIT関連企業に勤めていて、情報収集はもっぱらインターネットがメインなんです。でも、プライベート・ビエラがあると、テレビからも情報を得られるようになりましたね。いろんな『すき間時間』で、あらためてテレビを観るようになって気づいたのは、テレビ番組は情報の伝え方がWebとは違って、勉強になることが多いということ。見出しの付け方とか、テロップとか、いろいろチェックしています」

加藤さんいわく、スマホやパソコンだと情報を自ら探し出して読むのがスタンダードだが、テレビだとそこまで能動的にならなくても自然と目と耳から情報が入ってくる点も新鮮なのだとか。また、夫婦の会話もテレビを観ることで増えたという。

「夜、時間があるときは2人でストレッチをしながら、お互いに1日の出来事を話すようにしているんです。そのときにプライベート・ビエラを横に置いたのですが、画面を観ながら感想を言い合ったりすることもあって、普段より多く話せたんですよ。ストレッチの時間も長くなって一石二鳥だなと思いましたね」

なんてステキな話! プライベート・ビエラには、夫婦の仲を親密にする機能もある…のかも? という冗談はさておき、今後はどんな場所で使ってみたいかも聞いてみた。

「アイロンがけの時は手がふさがっているのでスマホでニュースをチェックすることができません。ニュース番組を録画しておいて、これで観るのは便利そうですね」(妻)
「同様に手がふさがり、ある程度時間を使う場所は…歯磨きの時間ですかね。防水なので洗面所でも気にすることなく使えそう。今まで以上にすき間時間での情報収集を可能にしてくれるので、より密度の濃い毎日が送れそうです」(夫)

このように自由に持ち運び、いつでも番組視聴や録画を楽しめるプライベート・ビエラは、見るシチュエーションに合わせて使える様々な便利機能も充実。場所に合わせて最適な画質や音質を選べるほか(お風呂用音質、暗い場所用の画質…など)、お風呂やキッチンで便利なタイマーの表示などもできる。これらは画面内のコントロールバーからワンタッチ操作で使えるのもうれしい。さらにインターネットにも接続できるので、タブレットのように使ってもOK。今回、彼らが使いこなしていた録画対応・防水仕様のシリーズは、モニターが15インチと10インチの2つのサイズがあるので、ライフスタイルに合ったものをセレクトできる。

忙しくてテレビをなかなか視聴できない、でもいろんな情報はキャッチしたい! そんな情報収集に欲張りな人にこそ、プライベート・ビエラで快適なテレビ生活を味わってほしい。

  
(R25編集部)

イケてる大人はテレビを観る「場所」にこだわる。はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
結婚、昇進、介護…30代プレビュー
30歳→40歳「ED率」3倍増?
10年後「体脂肪+3kg」予防法
2024年未来予想図・生活編
2024年未来予想図・仕事編

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP