ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

民放W杯関連番組低視聴率 今後の芸能人起用の岐路となるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サッカーW杯ブラジル大会は、時差の関係で早朝や深夜に生中継された。ゴールデンタイムには、各局がハイライト番組を放送し、W杯を盛り上げようとしたが、軒並み視聴率は低迷した。テレビ局関係者が話す。

「高い放映権料を払っていることもあり、ゴールデンでハイライト番組を流しましたが、上手くいかなかったですね。日本が勝ち上がれば、また展開は変わったんでしょうけど……。開幕前の6月13日には、日本テレビが8.4%を取りました。日本代表への期待値が高かったとはいえ、今思えば、かなりの数字です。

 15日のコロンビア戦で日本が負けた翌日、フジテレビの『2014FIFAワールドカップデイリー』は3.9%に終わった。17日、テレビ朝日の『2014FIFAワールドカップデイリー』も4.9%と伸びなかった。ただ、ギリシャ戦を翌日に控えた19日、日本テレビの『2014FIFAワールドカップデイリー』は6.6%とやや上昇しています。

 明石家さんま、上田晋也、手越祐也の司会、本田圭佑や長友佑都のそっくりさんをドキュメンタリーチックに追いかけるなどバラエティ番組の要素を取り入れた。とかく批判されがちなタレント起用ですが、ゴールデン帯でハイライト番組を放送する場合、どうしても必要になってくる。

 今、深夜帯以外でサッカー専門の番組がないことからもわかるように、サッカー自体だけでは視聴率が取れない。民放各局は、どうしてもそう考えてしまいます。さすがにW杯の試合中継はそれなりの数字を出しましたけど、ゴールデン帯のハイライト番組でタレントがいなければ、さらに視聴率が低かったでしょうね。まあ、いずれにしても低いのですが……」

 その後、日本がグループリーグ敗退を喫し、ハイライト番組の数字は低迷を続け、3~4%台を行き来していた。

「それでも、日本テレビは7月1日の『2014FIFAワールドカップデイリー』で、6.6%を記録。7月2日、TBSの『2014FIFAワールドカップDAILY』も6.2%とやや高くなった。ベスト8が決定し、大会も佳境に入ってきたことが影響したのでしょう」(同前)

 とはいえ、ゴールデン帯では、とうてい胸を晴れるような数字ではない。

「大会期間中、NHKは月曜から金曜まで22時から『W杯デイリーハイライト』を放送しました。この番組の視聴率は5~6%台。民放各局のゴールデン帯よりも、数字が良いのです。もちろん、基本的にタレントは出ていません。

 民放各局は、普段あまりサッカーを観ない層を取り込むために、タレント起用に走った。ジャニーズ系の出演は、ティーン層や主婦層を考えてのことでした。ただ、その成果が出たとは言いがたい。いずれにしても、今大会のハイライト番組の低視聴率は、今後のタレント起用を考えさせられる要因にはなったでしょう。ただ、他局に先駆けて、自分たちの局だけ使わないという方針を打ち出すのはかなりの勇気がいるでしょうが」(同前)

【関連記事】
サッカーW杯 低視聴率の特番をオンエアせざるを得ない理由
小林麻耶の報道番組大コケ以降ゴールデンでバラエティ激増 
フジテレビで『さんまのまんま』放送時間が頻繁に変わる理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP