ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スペインの2014年音楽市場、ストリーミングとCD売上増加で13年ぶりにプラス成長

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

スペインの2014年音楽市場、ストリーミングとCD売上増加で13年ぶりにプラス成長

2014年前半スペインの音楽売上が、13年ぶりにプラス成長を達成しました。

スペインの音楽業界団体Promusicaeが発表したレポートによれば、CDとデジタルの売上が5808万ユーロ、2013年の前半と比較して6.2%の増加を記録しました。

音楽売上増加の要因は、スペインでの音楽ストリーミングサービスの人気拡大です。スペインは長年違法ダウンロードに売上が侵食され、有料のデジタル音楽サービスの普及はなかなか進んでいませんでした。

レポートによれば、サブスクリプション・モデルと広告モデルの音楽ストリーミングサービスは2014年の前半での売上は1890万ユーロ、2013年の同時期と比べ14%成長しました。レポートでは「ストリーミングサービスの拡大は、勢いを失っているその他の形態の低迷を部分的に補完しています。」と説明しています。

もう1つの売上増加の要因は、アーティスト単位での好調な売上が見られ、マイケル・ジャクソン、コールドプレイ、エンリケ・イグレシアス、ファレル・ウィリアムス、Romeo Santos、そしてDavid Bisbalといったローカルのアーティストが全体の売上向上に貢献しました。

デジタル・アルバム/シングルのダウンロード売上は、630万ユーロで、前年比9%の減少でした。

売上増加の中では、CD/DVD/アナログレコードのフィジカルの売上は3210万ユーロ、前年比6.5%の増加になりました。

Promusicae社長のAntonio Guisasolaは

「(スペインの音楽業界は)さらなる多様化と製品の専門性を高めてユーザーのプロフィールに最適化していくために、正しい方向に向けて動いています。私たちはこの成長のトレンドを2014年後半もこの持続性を維持していきます。」

とコメントしています。

■記事元http://jaykogami.com/2014/07/8424.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP