体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の中高の英語教育がマイナスにしかならない件について

ガジェ通
My Life in MIT Sloan

今回はLilacさんのブログ『My Life in MIT Sloan』からご寄稿いただきました。

日本の中高の英語教育がマイナスにしかならない件について
“日本人が英語が出来ない” ということが、実は世界中でネタにされていることが意外と知られていないらしい。ということが、おととい『Twitter』で英語ネタで盛り上がったときにわかった。

英語がちょっと出来るだけで、海外で、
「日本人でこんなに英語で話せる人、初めて見ました」
「日本人にしては英語すごい上手ですね」
と驚かれる人は世の中には多い、という経験談が色々『Twitter』でシェアされた。

私もそうだ。渡米前は『TOEFL』を8回受けても、Speaking22点が最高点でしたから、正直大したことはない。押し出しの強い性格だからイイタイコトはちゃんと言えるけど、別に超ぺらぺらなわけではない。しかし、その(程度の)英語力のせいで、海外で日本人だと思われたことはほとんどない。

で、日本人だ、というと、「えー、でも移民でしょ?」とか言われる。アメリカ人が聞けば、なまりがあるので長くアメリカに暮らしてるわけじゃないのはすぐ分かるのだが、にしても、日本人にしては英語がしゃべれる、ということで、MBAの後輩にはフランス人かスペイン人だと思われている。この程度の英語で、それかよ。日本人の英語力をバカにするな、と腹が立つわけですよ。この手の話はいくらでもあり、話しはじめたら一日中語れる。

定量的な話で言うと、2005年のTOEFLの点数の国際比較 *1 で、日本はアジアで最下位だったなんて話もあり、でも、あれは受験人数が他国より圧倒的に多く、ネコも杓子も受けてるせいだ、なんて話もあり。
*1:「Test and Score Data Summary for TOEFL Internet-Based Test」September 2005 December 2006 『ETS』
http://www.ets.org/Media/Research/pdf/TOEFL-SUM-0506-iBT.pdf

しかし実際に海外によく行く人や、海外に住んでる人なら、日本人の英語がバカにされてる感覚は、『TOEFL』の点数なんか持ち出さなくても、はっきり分かる。

何で、日本人はこんなに英語が出来ないことになってるのか?奥ゆかしい、思ってることを中々言わない、日本人の性格によるところも多々あるが、しゃべれないだけでなく、アレだけ英語を勉強してるのに、読むのも書くのも苦手な日本人は多い。

私はハッキリ言って、大学受験の英語、そしてそれを念頭にした中学高校の英語教育が悪いのだと思っている。

もちろん、良い点もある。特に中学でやる英文法とか、どこの国よりもしっかりしていると思う。『NHKラジオ』とか、市販の教材にも良いものがたくさんある。

しかし、最終的に英語圏で留学したり、仕事したりするレベルになることを考えると、ハッキリとこれはマイナスにしかならない、と言えるものが、次の4点だ。

1.和訳中心の勉強法
大学入試の問題を見ても「和訳せよ」、中高のクラスでも「○○さん、和訳してください」。おかげで市販の英語の問題集も和訳ばかりだ。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会