ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【解禁】残酷すぎる物語に主演・土屋太鳳も参った? 映画『人狼ゲーム ビーストサイド』公開決定[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


パーティーゲーム“人狼ゲーム”を題材とした映画『人狼ゲーム ビーストサイド』が、8月30日より新宿武蔵野館ほかにて公開。
“人狼ゲーム”内で行われる人狼による村人の殺害と、村人による人狼の処刑。それぞれが本当に行われるというショッキングなストーリーで話題となった2013年公開のソリッド・シチュエーション・スリラー『人狼ゲーム』。今作はその続編となります。

主演は、今年夏公開の『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』で操役を演じ、注目の集まる土屋太鳳(つちやたお)さん。彼女が演じるのは“人狼の恐怖に怯える村人”……ではなく、“正体を見抜かれないように村人を喰い殺す人狼”役。ビーストサイドのタイトル通り“人狼”目線でのストーリーとなっており、弱冠19歳のフレッシュな魅力を持つ太鳳さんが残忍な“人狼”をどう演じきるのか、期待が高まります。

しかし、そんな役を演じながらも太鳳さんは、「ストーリーが進むと現場からもキャストがどんどん減ってしまって、あんなに賑やかだったのに…と胸が締め付けられそうに悲しかった。それが人狼ゲームそのものだと分かっていても心は折れそうになるし、もうやめよう、とも思いました」とコメント。精神的に堪えるほどのヘヴィーなストーリー展開を覚悟しておいたほうがよさそうです……。

また、ホラーゲームを実写化した映画『零』(9月26日公開)の森川葵さんが出演しているのも、ホラー好きの注目ポイントと言えそうです。
映画『人狼ゲーム ビーストサイド』は8月30日より新宿武蔵野館ほかにて公開。どうぞ、覚悟のうえ、お楽しみに。

関連記事:疑って、仲間を処刑しよう――命がけの“人狼”がスクリーンでゲームスタート 映画『人狼ゲーム』

<ストーリー>
今度は人狼。騙されるまえに、騙せ。
あたし、樺山由佳は、2度目の殺戮ゲームの席に着いていた。参加者は10名。みんな突然この部屋に連れてこられた高校生たちだ。
「人狼」のカードをあたえられたあたしは、村人たちをあざむき、ひとりずつ殺していかなくちゃならない。普通なら絶望するのかもしれないけど…あたしはむしろ興奮し、驚喜していた。なにせ、ずっと待ち望んでいた「非日常」を存分に楽しめるのだから! 複数の「自称予言者」が現れ、共有者がほかの村人たちを扇動する。場が混迷を深める中、あたしはひとりほくそ笑み、さらなる血の味を求める……!

映画『人狼ゲーム ビーストサイド』
出演:土屋太鳳、森川葵、青山美郷、藤原季節、佐久間由衣、小野花梨、加藤諒、育乃介、國島直希 ・ 桜田通
監督:熊坂出/原作:川上亮/脚本:山咲藍
企画・配給:AMGエンタテインメント/製作:「人狼ゲーム BEAST SIDE」製作委員会

http://jinro-game.net/[リンク]

(C)2014川上亮/AMG出版・「人狼ゲーム BEAST SIDE」製作委員会

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP