ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Wearアプリ「Wear Mini Launcher」に、スマートウォッチの輝度を変更したり、スマートフォンのWi-Fi ON/OFFや音モードを切り替えたり、フォンファインダー機能を利用できる新パネルが追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Wear向けとしては初のアプリランチャーとなる「Wear Mini Launcher」にQuick Settingsドロワーという新しいパネルが追加されました。従来のWear Mini Launcehrはアプリドロワーを提供するだけでしたが、今回のアップデートでアプリドロワーからさらにスワイプすると、Android Wear本体とAndroidスマートフォンの設定を変更できる機能を利用できる「Quick Settingsドロワー」が表示されるようになりました。このパネルでは、Android Wear端末の輝度をスライダーで調節すること、スマートフォン側のWi-FiのON/OFFしたり音モードを変更すること、ベル型アイコンをタップすることでスマートフォンで通知音を鳴らすことができます。最後の機能はフォンファインダーのようなものです。このアプリは徐々に便利になっています。今後のアップデートにも期待できそうです。「Wear Mini Launcher」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Android向けGoogleマップ v8.2はナビ実行中の音声コマンドにも対応
Google、アプリ内購入機能を備えた無料アプリ・ゲームを「無料」とは表示しないことに方針を変更
SHIELD Tabletは専用のワイヤレスゲームコントローラーと一緒に7月22日に発表か? タブレットの価格は$299~

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP