ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注ぎ方、温度、グラスがポイント 家で缶ビールをおいしく飲む方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏といえば、キンキンに冷えたビールがたまらない! でも、店で飲むビールと比べると、家で飲むビールはどうもいまひとつ違うような……。

「ちょっとしたポイントを押さえれば、家でもおいしいビールが飲めますよ」と教えてくれたのは、サッポロビールで広報を担当し、『美味いビールは三度注(つ)ぎ!』(ジョルダン)の著書でもある端田晶さん。端田さんが提唱している「三度注ぎ」は次の通りだ。

注ぎ方

1. グラスを立てたまま、ビールをグラスの5分まで勢いよく注ぐ。荒い泡が消え、きめ細やかな泡だけになるまで30~40秒程度待つ。
2. 9分までゆっくりと注ぐ。1同様、きめ細やかな泡だけになるまで30秒ほど待つ。
3. さらにゆっくりと、泡3、ビール7になるよう注ぐ。

重要なのは、早く飲みたい気持ちをグッとこらえて、泡が落ち着くのを待つことだ。そうすれば、初めてでもグラスのふちから1~1.5センチ盛り上がったふわっとした泡を作ることができる。でも、どうしてわざわざ待つ必要があるの?

「そもそもビールは缶でも瓶でも、開封前は炭酸ガスがぎゅーっと詰まっています。炭酸ガスが多いと喉がピリピリして、苦みを感じやすいんです。また、ホップの苦味成分は細かい泡に多く含まれるので、細かい泡の下の液体は苦味が減ってマイルドになります。そうすれば、飲みやすくてマイルドな味になり、ビアホールなどで飲む味に近くなりますよ」

よりおいしく飲むには、温度とグラスの形にも気を配ると良いそう。

温度

夏場は4~6度が適温。どうしても急ぎで冷やしたい場合は、たっぷりの氷水に入れよう。ビールの本数にもよるが、1、2本なら最低30分ほどで適温に冷える。冷凍庫で急速に冷やすと缶や瓶が膨張して危険なだけでなく、濁りがでて香りや味が落ちてしまう。

グラス

日本のビールに多いピルスナータイプは、直径と高さの比率は1:2が理想だ。また、グラスを凍らせると、ビールとの温度差が広がり泡ばかりになってしまう。グラスもビールと一緒に冷蔵庫で冷やすのがオススメだ。

実際に家で試して飲み比べたところ、三度注ぎの方がまろやかな味わい。さらに、初めてでも簡単に泡をふんわりと盛ることができた。

今年の夏はひと手間かけて、三度注ぎでおいしい家ビールを味わってみては?

(南澤悠佳/ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
サッポロビール
ちょっぴり贅沢したい夜に! 簡単&オシャレな家飲みレシピ
落ちても割れない! 変幻自在なワイングラス「govino」がすごい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP