ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

非日常をこの手に……! 日本で買えるマイクロハウス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、住まいの新しいかたちとして注目を集める「マイクロハウス(狭小住宅)」。住居または、別荘として、さまざまな用途に活用できるマイクロハウスを厳選してご紹介する。

エアロハウス

こちらは木枠をつなぎ合わせた「エアロハウス」という名の箱型マイクロハウス。近未来的な外観が印象的なこの建築物は、6メートル×最大2階建て分の高さがある木枠を45センチ~1メートル間隔で並べたもの。柱のない開放的な居住空間が特長で、内部は住居やアトリエなど、用途に応じて自由にレイアウトすることができる。車に載せてそのまま移動することもできるというから驚きだ。

斬新な構造

解放感がすごい

コンテナハウス

独特の雰囲気

こちらは海上コンテナを陸上使用に改造したコンテナハウス。用途はさまざまあるが、天体観察の基地や植物工場、音楽スタジオなど住むというよりは趣味のために使われるケースが多いよう。コンテナ自体は20万円台から購入できる。土地に余裕があるという方は、“離れ”として購入するのもおもしろいかもしれない。

植物工場として

音楽スタジオとして

ツリーハウス

夢のツリーハウス※画像はイメージです

幼少期に見た物語の影響などから、多くの人が憧れを抱いているツリーハウス。夢の住まいといった趣もあるが、30万円程度から販売されているDIYキットを利用すれば、自分でも建てることができる。土地に定着しないので法的な住居としては認められないが、個人の範囲で別宅として活用するのはもちろんOK。無条件で童心に帰れそうだ。

このほかにもマイクロハウスとしては、手作りログハウスやテント、ドームハウス、トレーラーハウスなどさまざまなかたちがある。ちょっとユニークな暮らしをしてみたいという方は、用途や目的に合わせて自分なりのマイクロハウスを探してみてはいかがだろうか?

(根岸達朗+ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
エアロハウス
Yell Japan
ワインソムリエに看護婦? 変わった管理人のいる物件

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。