ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「性産業」4社が早稲田で就職説明会 女子社員「セクハラはない」「真剣に説明すれば親も理解してくれる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2014年6月27日(金)、東京・新宿区の早稲田大学で「性産業合同就職説明会」が開催された。主催は早稲田大学広告研究会。性産業企業4社の経営者や社員が、知られざる仕事の裏側を語った。

説明を行ったのは、ソフト・オン・デマンドTENGAムーディーズティーパワーズの4社。会場となった教室には、他大学を含む約200人の学生が押し寄せて満員状態。女子学生の姿も2割ほど見られた。

「本気の運動会」に参加して入社を決めた
TENGA松本社長も登壇

アダルトビデオだけでも4~5000億円と言われる日本の性産業市場。消費者として知っていても、就職先としてイメージする人は多くない。そこで実際に働く人たちの声を、就活生を含む学生に聞いてもらおうというのがねらいだ。

アダルトコンテンツの制作・流通を手がけるソフト・オン・デマンド(SOD)グループからは、AV制作を担当するSODクリエイトに今春入社した女子社員の今村さんが登壇し、入社までの経緯と現在の仕事内容について語った。

今村さんは早大文学部卒。テレビ業界志望だったが、大学近くの高田馬場の飲み屋で偶然知り合ったSOD社員に新卒採用のことを教えてもらい、応募に至ったという。

入社を決めたきっかけは、同グループで選考途中に行われる2泊3日の軽井沢合宿。社員研修として行われていた「本気の運動会」に就活生も参加し、同じチームの社員とともに優勝を目指すというものだった。

その研修を通し社員の方々から会社の雰囲気や仕事内容を教えてもらい、ここで働きたいと思った。入社4日目には新入社員全員が創業者の高橋がなり氏に呼び出され、そこで選ばれた7人が社長室付きとなった。今村さんも選ばれ、高橋氏から、

「全ての会議に参加して、できる仕事を見つけて自分で考えて仕事に入っていけ」

と命じられた。現在はウェブ公開用の無料動画の企画制作と、SODグループ歌の特設サイト制作などに携わっているということだ。

入社8年目の女子社員「いい意味で、凄く普通の会社」

AV業界の仕事についてハキハキと話す様子を見ると、充実した仕事生活を送っているように見えるが、大変なこともあるようだ。「偏見で辛い思いをすることはないか」という女子学生からの質問には、

「友だちは面白がってくれたが、親からは未だに反対されている」

と明かす。同グループでは入社時に、親の実印付きの承諾書を提出することになっている。1か月説得してなんとか承諾書をもらったものの、まだ「入社にいい顔をしていない」という。ただ、親子関係が破綻するという事態になっているわけではないようだ。

「親は、子どもがやりたいと言っていることがどんなに受け入れられなくても、真剣に説明し続けたら最後は『いいよ』って言ってくれると思います」

会社も、女性が性産業界で働くことの不安を払拭したいと思っているようだ。SODで女性向けアダルト動画サイト「GIRL’S CH」を担当している入社8年目の女子社員の田口さんは、

「いい意味で、凄く普通の会社です。女子社員が社内でセクハラされることはありません。そこは安心してください」

と力説。男性も女性も「エロについては真剣」だといい、プロ意識を持って仕事をしている旨を強調した。

SODといえば、社員に出演を迫る「SOD女子社員」シリーズが有名だ。学生からは「実際に女子社員が出演しろ、と言われることがあるのか」という質問も。これについて田口さんは「あるかどうかを知りたければDVDを見てください」と返していた。おそらく本当に社員が強制的に出演させられるということはないのだろう。

TENGA社長「セックスは人の根幹にある欲求」

次に、小澤マリアや成瀬心美、Rioら有名女優が所属するAVプロダクション、ティーパワーズの30代の男性担当者が登場。ときどき「女優と付き合える」と期待するような不真面目な社員も入ってくるが、そういう人は1~2週間で辞めていくと明かした。「みな真面目で、商品のモデルには手を出さない。後ろ指をさされやすい業界だからこそ真剣にやっている」のだそうだ。

また、同社の女優はAV以外にも映画に出演したり、アイドルグループとして活動したりするなど、多岐にわたる分野に進出している。担当者は「当たり前のことを繰り返すのではなく、情熱があれば新しい道を開ける仕事。やりたいことを会社が結構やらせてくれます」と語る。

ムーディーズやMUTEKI、エスワンなどのAVメーカーを社内に持つCA(シーエー)も、30代男性社員が登場。同社では入社後1年間で全部署、全メーカーを回り、2週間ずつ業務を経験。その後、全部署の責任者による「新入社員ドラフト会議」が行われて配属先が決定する。

どこからも指名されなかった場合は、会社が強制的に配属先を決める。担当者は「何となくではなく、どうしても自分でAVを作りたいという人を待っています」と話していた。

少し毛色が違ったのが、男性用アダルトグッズ、TENGA(テンガ)で知られる典雅の説明だ。他の会社が「普通の会社」を強調する中で、創業者で社長の松本光一氏が登場し、自らの人生観を交えた「講演」を行った。

男性用アダルトグッズ「TENGA」は2005年に登場。従来品とは違うスタイリッシュなデザインで人気となり、5000個売れればヒットと言われるアダルトグッズ業界で、初年度で売上100万個を突破。現在までに海外も含めて累計3400万個を出荷した。

松本社長は「TENGA」とプリントされたTシャツを着て登場。これまでの自身の歩みについて語った。元々専門学校を卒業してクラシックカーの整備士を10年ほどやっていたが、会社が傾き、給料が出なくなってしまったという。

それでも半年仕事を続けたものの、やがて限界になり車のセールスに転向。そこで好成績を出し、借金も返して生活が上向いてくる。その過程で、ひとつ学んだことがあった。

「もの凄くお金がないときに、人間の根幹の欲求として何が残るかというと、ご飯を食べること、寝ることと、もう一つがセックスだった」

「不自然な状態が当たり前になっているところにチャンス」

お金が入り、やがて自分でモノを作りたいという思いが出てきた。そこで家電量販店などに行き、世の中に売っている商品の研究を始めたが、ビデオショップに寄ったとき、店に置かれたアダルトグッズを見て強い「違和感」を感じた。

男性用アダルトグッズは以前からあったが、製品は女性器の形をそのまま模したものばかり。会社名や原産国も記載されていないものが多かった。こうした商品はお客さんに対して「オナニーは卑猥な行為なので、猥褻な気持ちになって使用してください」というメッセージを発している、と感じたという。

「人の欲求の根幹に関わるプロダクトなのに、それを特殊で卑猥なものだと位置づけているのは作り手側の問題だと気づいた。それが世の中にないなら一般プロダクトとしてのアダルトグッズを作ろうと、その場で決めた」

それから貯金を1000万円溜めて退職。2年間、朝から晩まで一人でアダルトグッズの自主制作に励み、TENGAが生まれた。

2013年には女性向けアダルトグッズ「iroha」シリーズを発売。今後も「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」をスローガンに、高齢者用や医療用の商品も開発していく、という。

「当たり前のことが不自然な状態になって、それが当たり前になっている状態が世の中にはある。それを見つけるとチャンスになったり新しい仕組みが見つかったりする」
「自分の中で着地できないものは他の人にも共感されない。自分の中で、こうすればこういう人がハッピーになると思いついたら、それは人にも共感してもらえる。色んな目線で物事を考えることが大事」

来場者にはお土産として、TENGAから新製品の「POCKET TENGA」、SODからローションなどが配布された。会場に来ていたマスコミ志望の文学部3年の女子学生は「偏見もあったけど、みんな真剣に働いていることが分かった」。文化構想学部4年の男子学生は「松本社長のモノ作りの考え方についての話がよかった」と話していた。

あわせてよみたい:キャリコネの口コミで「クリエイティブ職」を検索

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP