ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハイセンスすぎる「オベリスク自転車」の盗難事件に、ネット上では困惑の空気蔓延

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハイセンスすぎる「オベリスク自転車」の盗難事件に、ネット上では困惑の空気蔓延

ユーザー層の拡大に伴い、最近では家出人捜索から猫探しまで、”捜索ツール”としての要素まで併せ持つようになったtwitter。そんなtwitter上で、あるユーザーが【真面目に拡散希望】と訴えていた盗難品とその画像が、ここ数日、話題となっている。

ご覧の通り、彼が探しているのは愛用の自転車。彼の話によると、10年以上大切に乗り続けているという、かなり愛着のあるもので「なんとしても取り戻したい」とのこと。

しかしご覧のとおり、そのあまりにインパクトのある見た目に、

「お、おう…」
「なんで後ろに位牌のっけてんの?」
「オベリスク…だと?」
「これを盗むやつって一体…」
「すげえ落ち込んでる所想像したら力になってあげたくなった」
「ひとまず見つかるといいな…」

…と、ネット上ではこのユーザーに対する同情と、あまりに強烈なセンスを感じさせる自転車への戸惑いとが入り混じった、実に微妙な空気が漂っている。

ともあれ、これが「釣り」でなければ、きっとこのユーザーは愛車を無くして意気消沈しているハズ。もしこの自転車を見かけたという人がいたら、是非とも彼に教えてあげて欲しい。

文・葛西敦規

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/motaota_poppo/status/488459857024917505/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。