ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

松屋、庶民の味方「牛めし」終了で実質値上げ確定 緑川社長コメントがネット上で物議

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
松屋、庶民の味方「牛めし」終了で実質値上げ確定 緑川社長コメントがネット上で物議

7月17日、牛丼チェーン大手の松屋フーズが、7月22日からこれまでの『牛めし』(290円)の販売をやめ、新たに『プレミアム牛めし』(380円)を発売することを発表した。

新商品である『プレミアム牛めし』は、熟成チルド肉を使用することで、従来の『牛めし』よりも「柔らかさやうまみが増した」(同社)というが、入れ替わりで、これまでの『牛めし』が姿を消し、実質的 には90円の値上げとなるために、ネット上では批難轟々。加えて、発売に際して飛び出した会長のコメントが物議を醸し出している。

問題となったのは、同社が『プレミアム牛めし』を発表した会見場での緑川源治社長の発言。同社長は「俺は(※関西地区価格の)250円以下じゃなきゃ食べない!という人は、申し訳ございませんと言うしかない」とコメント。この発言が「貧乏人は食うな!と社長が発言した」という内容で、ネット上に拡散したのだ。

「やっちゃったなあ」
「心無いなーwww」
「松屋派涙目w吉野家派の俺には無関係」
「貧乏人を相手にする商売でこれはないだろ」
「380円払えないヤツはマックに行けってか?」

…と、 現在、問題のコメントに対しては「あまりに心ない」という批判が目立つ。無論、同社長からすればそんなつもりはなかったのだろうが、それが意図しようとしまいと、一度広まってしまうと収拾がつかなくなるのがネットの世界。果たしてこの窮地、松屋側は、どう切り抜けるのか気になるところだ。

文・山田浩一

【参照リンク】
・松屋フーズ
http://www.matsuyafoods.co.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。