ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

03年秋田予選で和製ランディ温存裏目 優勝候補まさかの敗北

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高校野球の大きな魅力といえば、弱小校による下克上や、強豪校のまさかの敗戦などの「大番狂わせ」。秋田県で起きた番狂わせを紹介しよう。

 2003年は、優勝候補である秋田経法大付(現明桜)の「和製ランディ・ジョンソン」こと木村雄太が主役と目されていた。190cmの長身から振りおろす大型左腕は当時からプロも注目。後に社会人を経て千葉ロッテから1位指名を受ける逸材だった。

 しかし準々決勝で波乱が起こった。相手は平成。甲子園出場経験のない公立校で、前年、前々年と2年連続で初戦敗退している。

 経法大付の小窪敬一監督は、3回戦に投板していたエース・木村を温存。しかしこれが裏目に出る。先発の1年生投手が立ち上がりに1点を失うと、すぐに2番手を投入するものの連打を浴びて初回に一挙3失点。2人が1回持たずに降板してしまう。

 緊急登板となった木村は10奪三振と意地を見せるが、3-6でゲームセット。木村は茫然と敗戦を味わった。平成は次の準決勝で力尽きるが、超高校級投手を倒しての初のベスト4進出は同年大会最大のハイライトだった。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
昨夏甲子園出場時の弘前学院聖愛 5投手駆使して強豪を翻弄
北海道屈指の進学校・札幌南 甲子園出場時の地元の熱狂回顧
都立高初の甲子園出場・国立高校 バッテリーは共に東大進学

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP