ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漫画『ラストイニング』著者 高校野球は予選が面白い訳解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 甲子園球場で行なわれる全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)は日本中が注目する夏の風物詩である。しかしそれ以上に全国の高校野球ファンが熱い視線を注ぐのは、その前に各都道府県で繰り広げられる地方予選だ。

 球児たちにとって「夢の甲子園」を賭けた地方予選は身近なライバルとの絶対に負けられない戦いであり、少年時代からの野球人生の集大成でもある。そして「おらが街の選手」の活躍に郷土の人々やOBは「今年こそは」と熱狂し、応援する。

 そんな地方予選の最大の見せ場のひとつは、甲子園常連校やプロ注目選手を相手に無名校が起こすまさかの下剋上だ。大人気コミック『ラストイニング』(小学館刊)もまさにそんなストーリーだ。古豪ながら近年は初戦敗退ばかりの弱小校・私立彩珠学院高校野球部(サイガク)を率いるOB・鳩ヶ谷圭輔(愛称ポッポ)が、深い野球理論を駆使し、地方予選を勝ち抜いて夏の甲子園に出場する。予選決勝の聖母学苑戦は作中でも最も盛り上がったシーンだ。著者・中原裕氏に地方予選の魅力を聞いた。

──『ラストイニング』は「甲子園に出場できなければ廃部」というシビアな設定もあって、県大会決勝は手に汗握る展開でした。野球漫画は「甲子園出場まで」を深く描く作品が多いですね。

「連載をスタートさせた時も”まずは地方予選の決勝を最大のハイライトにしよう”と決めていました。やっぱり野球をやっている高校生にとって、憧れの甲子園に出られるかどうかというのは一大事。予選を勝ち進めるかどうかは、甲子園本戦での勝敗よりもっと切実なんですよね。だからドラマが生まれやすい。

 あだち充先生の名作『タッチ』もそうでした。“南ちゃんを甲子園に連れていく”という物語だけに、県大会決勝の須見工戦がまさにクライマックスでした。甲子園でも全国優勝するんですが、それは記念品の優勝皿が部屋にあるという描写だけでしたね」

──『ラストイニング』の痛快さは、弱かったチームが強豪を撃破していく物語にありました。決勝の相手の聖母学苑は、県外からの野球留学組もいる甲子園常連校。投打の実力でいえば圧倒的にサイガクが不利だったはずなのに、データを駆使したり、「勝つためにやれることは何でもやる」という鳩ヶ谷監督の先の先を読む采配が的中したりで、強敵に対抗する。

「努力と根性があれば何とかなるという、ありがちなスポ根にはしたくなかった。選手層の厚さだけでなく、環境や練習量でも上をいくチームに勝つには、やっぱり土台となるだけの実力と、相手を分析しての作戦が不可欠だと思うんです。それがなければ読者を納得させるリアリティは生まれない。

 サイガクには、練習試合で『1点ゲーム』というのをやらせています。ポッポが“毎回相手に1点を取らせて帰ってこい”という指令を出すんです。0点でもダメで、2点以上とられてもダメというのが肝心です。大事な試合ではピンチをいかに最少得点でしのぎきるかというのがポイント。大量失点もありうるケースをどう防ぐかを叩き込む練習法です」

──練習試合で勝つ必要はない、と。

「もちろん特殊な方法ですけどね(笑い)。しかし勝つためには、選手たちが『自分ができることを確実にやれるようにする』と徹底しなければいけない。簡単そうで、実はこれが一番難しいことじゃないかと思うんです。そういう堅実なチームに、運や流れがついてくるのかもしれません。

 ポッポは、選手たちに『8勝92敗でも甲子園に行ける』と檄を飛ばしました。つまりどんなに負け続けても、最後の夏の予選を勝ち抜けばいいということ。決勝の相手だった聖母の名将・桐生監督は、ポッポにこう言います。『高校野球では強いチームが必ずしも勝ち上がれるわけではない。勝つべき試合で勝てるチームが強いのだ!』と」

──勝つべき試合で勝てるチームとは?

「やはり安定感のある投手は不可欠じゃないかと思います。サイガクも、日高という剛速球投手がいてこその快進撃でした。実際の高校野球でも、強豪校を負かす無名校には、たいてい一目置かれるエースがいるでしょう」

──『ラストイニング』は埼玉県がモデルで、中原さんも埼玉ご出身。学生時代からたくさん高校野球を観戦してきたそうですね。その中でも一番心に残る「大番狂わせ」とは?

「やっぱり1982年ですね。当時から豪腕投手として知られていた市立川口の斎藤雅樹を、県立の進学校、熊谷が破って甲子園に出場した。僕は純粋に野球ファンとして斎藤に注目していたんだけど、これには驚いた。組み合わせの妙もあって斎藤も決勝にいくまでに疲弊していたのかもしれないけれど、これぞ高校野球だと思いましたね。今年も予選からどんなドラマが生まれるか期待しています」

◆中原裕(なかはら・ゆう)/1962年、埼玉県生まれ。漫画家。代表作に『奈緒子』など。『ラストイニング』は、週刊ビッグコミックスピリッツで約10年にわたって連載され、今年4月に完結。最終44巻が発売されたばかり。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
北海道屈指の進学校・札幌南 甲子園出場時の地元の熱狂回顧
昨夏甲子園出場時の弘前学院聖愛 5投手駆使して強豪を翻弄
夏の甲子園 前年まで10年連続初戦敗退校が出場したことも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP