ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『Wikipedia』の寄付希望額がここ数日ころころ変わると話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ネット上での調べ物と言えば『Wikipedia』。このサービスの運営費は、広告収益ではなく全て寄付でまかなわれているそうです。

 最近、Wikipediaを表示すると、画面上部で寄付のお願いが表示されるのお気づきでしょうか。以前から時々表示されるものですが、先週頃から表示される金額が実はころころ変わっているのです。

【関連:誰だこんなこと書いたやつは!Wikipediaにある嘘記事】

 最初は「¥500の寄付をしてくだされば、日本における募金活動は1時間以内に終わるでしょう」というものでしたが、1時間どころか数日たったら、今度は「¥700」に値上がり、さらに数日後には「¥1,000」、そして現在は「¥800」まで値下がりしています。
どいういう基準で数日おきに、1人あたりから集める希望金額が変わっているかはわかりませんが、とにかく欲しい額は常に変動しているようす。

 この変動ぷりは他にも気づく人が多いようで、ネットでは「最初に見た時は500円だった 」「なんで金額が変わるの?」といった疑問の声が上がっていました。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP