ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

でんぱ組.incら出演、シンガポール開催の第1回「Genki! J-POP NIGHT」が大盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一般財団法人音楽産業・文化振興財団(PROMIC)と現地のイベンターであるモード・エンタテインメントとの共催による、シンガポールで第1回目となるGenki! J-POP NIGHTが7月13日、Lee Foundation Theaterで行われた。出演した4組のアーティストはTarO&JirO, Mayu Wakisaka, moumoon, でんぱ組.incで、でんぱ組.inc以外は初めてのシンガポールのライヴとなった。

イベント名の通り、シンガポールや周辺のアジア地域にJ-POPで「元気」を届けるイベントで、出演者は7月11日にメディア取材を現地のホテルで行い、12日にプレ・イベント「Genki! J-POP MEET & GREET」に出演、13日に本番となる「Genki! J-POPNIGHT」に出演した。

12日のプレ・イベントはチャイナタウンのショッピングモール「チャイナタウン・ポイント」の野外特設会場で、炎天下の中にも関わらず、200人以上のファンが集まり、イベントの告知を兼ねてミート&グリートが行われた。司会者とのQ&Aに答えた50人のファンは4アーティストのサイン入りポスターを入手、また各アーティストは2曲ずつパフォーマンスを披露。

13日のLee Foundation Theater では開場前から、でんぱ組.incの現地ファンの方々がその夜のサプライズの演出のために集結。開場後は約300人のオーディエンスの前、19:40にトップバッターのTarO&JirOがステージに現われて、パフォーマンスを開始すると、その迫力のパフォーマンスで観客は総立ちに。2組目のMayu Wakisaka はシンガポールのギタリストをサポートに招き入れ、現地のドラマ挿入歌や、軽快なポップソングで観客からは自然に手拍子が沸き起こった。3組目のmoumoonはヴォーカル&パーカッションのYUKAとギターのMASAKIが2人だけのステージとは思えない、圧巻のパフォーマンスを披露した。

最後にシンガポールで2回目のパフォーマンスとなる、でんぱ組.incが登場。サイリウムを持って待ち望んだファンは興奮のるつぼに。彼女たちのパフォーマンスに酔いしれ、翌日に誕生日を迎えるメンバー、夢眠ねむに、会場全体で「ハッピー・バースデー」を歌って、お祝いをして、約2時間半のイベントは大盛況のうちに終了した。

いずれのアーティストも流暢な英語で、この日を待ち望んだオーディエンスとダイレクトなコミュニケーションを取り、心が通い合ったハート・ウォーミングなイベントとなった。

音楽産業・文化振興財団(PROMIC):http://www.promic.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP