ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画館で観る機会が多い人に!本編終了後のおまけ映像の有無が調べられるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近ではネットで映画を視聴する人は多いだろう。しかし中には「やはり映画は映画館で」というコアな映画ファンもいるはずだ。

そうした映画館に足を運ぶことが多い人なら知っていると思うが、ストーリーが終了した後、エンドクレジットがずらずらと流れ、さらにその後おまけ映像がある場合もある。

そのおまけ映像があるかどうか、観る価値があるものかどうかを調べられるのが、アプリ「Anything After」だ。これを使うと、おまけ映像を待っていたのに実はなかった…ということがなくなる。

もし、おまけ映像があったとしても、観た後に「大したことなかった」とがっかりすることもある。その“がっかりケース”を予防するのにAnything Afterでは他のユーザーによる評価が活用できる。

アプリでは、おまけ映像が見る価値があるものかどうかをユーザーが投票できる仕組みになっていて、そうした投票結果をチェックして観るかどうかを決めるとよさそうだ。また、ユーザーによるコメントも参考になるだろう。

基本的には米国で公開中(公開予定)の映画を主に扱っている。ニッチなアプリだが、おまけ映像も見逃したくないという映画ファンにおすすめだ。アプリはiOS、Androidで利用できる。

Anything After

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP