ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

聖衣のように着脱できる『聖闘士星矢』時計 世界限定1200本登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 車田正美原作の漫画『聖闘士星矢』の約10年ぶりとなる、劇場アニメ『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』が6月21日、ついに封切られました。
その公開を記念して、インペリアル・エンタープライズ「PREMICO」から、数量限定のオフィシャルウォッチ「聖闘士星矢 黄金の聖域(ゴールド・サンクチュアリ)」(39,800円税別)が発売されています。

【関連:「死の外科医」トラファルガー・ローの魅力を詰め込んだ、高級腕時計登場】

 このウォッチは、原作『聖闘士星矢』でも人気の黄金聖衣(ゴールドクロス)編が商品イメージに採用されており、光り輝く黄金色はステンレスで再現。そして文字盤は原作にも登場する聖域の火時計をイメージし、十二宮のシンボルが繊細に刻印されています。


 まだ商品発送前ということで、サンプル品をお借りして実際の商品を触らせてもらいました。
まず特製記念ボックス(日本製)で特筆すべきが、蓋の部分にベゼルと言われる、時計の外側の交換パーツが組み込めること。単なる箱がベゼルを組み込むことで豪華さを増し、飾りとして部屋に置いておける存在感を出しています。
ベゼルは2種類あり、1つはAriesやLeoなど十二宮それぞれの星座の英名が刻印された通常タイプ、もう1つは、女神(アテナ)の盾をイメージしたシールドタイプ。好みに応じて聖衣を変えるように付け替えて楽しむことができます。
このような仕様にしたのは、企画にあたって、昔「聖闘士星矢」のフィギュアで聖衣(クロス)をつけたり外したりして遊んだその「遊び心」をぜひ組み入れたかったからだそうです。


 また、ムーブメントの部分は日本製クオーツが組み込まれており、時計としての性能は折り紙付き。さらには3気圧防水もほどこされています。
裏蓋には今回の映画のビジュアルにも採用された射手座(サジタリウス)の聖衣をまとった聖矢の姿と、限定版の証エディションナンバーが刻印されています。ちなみにNo.0001は原作者である車田先生に贈呈されるそうです。

 そして気になる装着感は、世界観はしっかり表現しつつも、デザインがあまりアニメ・漫画チックしていないため、スーツに普段着にとシーンを選ばずお洒落の1ポイントとして活用できそうな感じ。
筆者は『聖闘士星矢』世代のアラフォーですが、普通のキャラクターグッズは年齢の手前躊躇しますが、ここまでお洒落で本格的な作りなら、普段用に1つ欲しいと本気で考えてしまいました。

 なお、販売元のインペリアル・エンタープライズにこの商品の売れ行きを聞いてみたところ、細かい数字までは教えてもらえませんでしたが中々好調な様子。
同社は、大人のアニメ・漫画ファンをターゲットにした高級感溢れる本格グッズを企画することで定評があり、これまで発売した数々のキャラクターグッズは、いずれも早い段階で初回分が完売をしています。

 以前にも何度か、同社の商品を紹介したことがありますが、なんと記事公開直前に初回分が完売してしまうことも。実は今回も、予想以上の反響で既に初回入荷予定分は完売、現在は10月発送分の予約を受け付けているのだとか。
そのため、気になる方は躊躇せずにお早めに……としか。次回からはもっと早くに紹介できるように心がけます。

協力:
「聖闘士星矢 黄金の聖域(ゴールド・サンクチュアリ)」特設ページ

※本記事の商品はサンプル品であり、実際の商品とデザインが少し異なる場合があります。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP