ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ほぼ貸切で南インドの自然を楽しむ! ムンロー島の神秘的なクルーズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

南インドのケララ州といえば、アーユルヴェーダとバッグウォーターが有名ですが、ここでは一味違うバッグウォーターツアー「ムンロー島」クルーズをご紹介します。ムンロー島は、ケララ州のコーラム(クイロン)から車で25km西へ走った水郷地帯にあります。

面積13.4キロ平米、人口1万人以下の小さな島。クルーズは、州政府観光局が行うコーラム発の4時間程度のツアーで、この島を一周します。おすすめポイントは以下の3つ。

1. 通常のバッグウォーターツアーより料金・時間的に手軽
最も王道のバックウォーターツアーは、ケララ州のアレッピーからコーチンを往来するもの。こちらはくまなくバックウォーターを見られる、船上での南インド料理ランチなども魅力的なのですが、なにしろ1日かかります。結構乗りっぱなしは飽きる人もいます。

一方ムンロー島クルーズは4時間半のクルーズが可能! 2014年5月時点での設定は、9時〜13時半または14時〜18時半で500ルピー(1600円)。電話でも予約できますし、直接観光案内所での予約も可能です。公式サイト( http://southernbackwaters.com/village.htm )に詳しい運航スケジュールが載っています

2. 小さなボートで運行 うまくいけば貸切
ムンロー島の水路は狭いこともあり、ボートは木製、最大6人程度が乗れます。私が行ったときは2名で貸切。「ちょっとそこの民家で止まってくれ」「あの植物はなんだ」とワガママ言い放題。昔から使われている木製ボートのデザインを間近で見られるのも乙です。

3. 島の暮らしを間近で見られる
水路は民家すれすれの場所を通るので、水郷地帯の半ば自給自足の生活や、養殖業の様子なんかを目の前で見れます。私は、ある家庭の魚捕獲風景を見ました。巨大なドジョウのような魚を木に吊るし、皮を剥いでいました。

船の漕ぎ手も地元で育った人が行うので、島に詳しい。自然への接し方、島の人との世間話なども、このクルーズならではの体験。

このクルーズの発着点となるコーラムという街、なぜか旅行ガイドブッグ上ではあまり評判が良くないのですが、ビーチや漁師の暮らしが間近に見られます。特に英国統治時代につくられた展望台の美しいデザインは必見。

早朝に港へ行くと、市場もやっています。なんとものんびりとした、でも力強い漁師も魅力的です。ルンギーが似合います。ケララ州へ行くけれど時間がない!という方、おすすめです。

By Shoko
Post: GoTrip! http://gotrip.jp/




Via:POSHVINE

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP