ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wear Unlock : Androidスマートフォンのセキュリティロック画面をAndroid WearスマートウォッチとのBluetooth接続状況によって自動的にON/OFFするアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

左:接続中、右:切断中

Androidスマートフォンのセキュリティロック画面をAndroid WearスマートウォッチとのBluetooth接続状況によって自動的にON/OFFするAndroidアプリ「Wear Unlock」がGoogle Playストアにリリースされました。アプリは有料(202円の買い切り型)です。Wear Unlockは、Android WearがBluetoothでスマートフォンと繋がっている間はセキュリティロックを無効にし、両方の端末が離れるどして接続が切れた場合に自動的にパスワード認証を設定するアプリです。Android “L”に組み込まれている「信頼できるエージェント」と同等の機能をAndroid 4.3~Android 4.4端末でも利用できるというわけです。普段はセキュリティロック無しでスマートフォンを使っていても、スマートフォンを置いてトイレに行った場合や、万が一誰かに盗まれて遠くに行ってしまった場合に自動的にパスワード認証をかけてくれるので、不正に操作されることを防ぎ、盗難に遭遇した場合でもデータワイプや追跡の時間稼ぎにもなります。Wear Unlocの利用方法は、アプリを起動してパスワードを設定し、端末管理者機能に本アプリを追加します。これでセットアップ完了です。操作するとすればパスワードを変更することくらいで、基本はノータッチで運用できます。「Wear Unlock」(Google Playストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Tips : Galaxy Tab Sグローバルモデルを日本語化する方法
KDDI、富士山の御殿場口新五合目のブース「Mt Fuji Tral Station」で公衆無線LANサービスを提供開始
Alllwinner A80初採用のAndoridタブレット「Onda V989」のデモ動画、最近の中華タブレットは様々なスマート機能も搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP