ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung SM-T365はGalaxy Tab4 8.0ベースのAndroidタブレット? GFX Benchに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung未発表のタブレット型番「SM-T365」のベンチマーク結果がGFX Benchの公式サイトに登録されました。SM-T3XXの型番を採用した機種は8インチモデルしかないので、「SM-T365」も8インチタブレットだと予想されていたのですが、登録されていた情報によると、どうやら正解だったようです。確認できる仕様は、Android 4.4.4(KitKat)、8インチ1,280×800ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 400 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1.3GB RAM、12GB ROM、背面に300万画素カメラ、前面に130万画素カメラを搭載していることです。OS以外の仕様は既存のGalaxy Tab 4 8.0(SM-T33X)と同じみたいですね。SM-T36XシリーズはGalaxy Tab 4 8.0をベースにした新機種なのかもしれません。SM-T36XシリーズはWi-Fi Onlyモデルとみられる「SM-T360」とLTEモデルとみられる今回の「SM-T365」が確認されています。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Tips : Galaxy Tab Sグローバルモデルを日本語化する方法
KDDI、富士山の御殿場口新五合目のブース「Mt Fuji Tral Station」で公衆無線LANサービスを提供開始
Alllwinner A80初採用のAndoridタブレット「Onda V989」のデモ動画、最近の中華タブレットは様々なスマート機能も搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。