ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イー・アクセスとウィルコム合併のワイモバイル 『Y!mobile』ブランドのスマートフォン2機種と通信・通話が定額2980円からの新料金プランを発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


イー・モバイルのサービスを提供するイー・アクセスとウィルコムが合併し、7月1日からワイモバイルに名称変更した同社が、7月17日に統一ブランド『Y!mobile』の発表会を開催。同ブランドのスマートフォン2機種と新料金プランを発表しました。


『Y!mobile』第1弾のスマートフォンは『STREAM S 302HW』で、8月1日に発売。『Y!mobile』のサービスも同日から開始することになります。OSはAndroid 4.4、4.7インチのHD液晶、1.6GHz クアッドコアCPUを搭載し、厚さ6.8mm、重量約110gと薄型・軽量なのが特徴のスマートフォン。国内での通信は900MHz/1.7GHz/2.1GHzのW-CDMA、1.7GHzのFDD-LTEに対応します。




本体は薄型でフラット。側面のメタルフレームがスタイリッシュな印象を持たせています。本体カラーはホワイト、ピンク、ブラックの3色。本体の想定価格は、2年縛りの月額で1000円前後、一括で3万円前後の見込みとのこと。


第2弾『DIGNO T 302KC』は9月以降の発売予定。OSはAndroid 4.4、4.5インチのqHD液晶、1.2GHzのクアッドコアCPUを搭載し、IPX5¥IPX7相当の防水機能、IP5X相当の防じん機能、MIL規格に準拠した対象撃性能が特徴のスマートフォン。国内での通信は900MHz/2.1GHzのW-CDMA、900MHz/2.1GHzのFDD-LTE、2.5GHzのAXGPに対応します。



本体は丸みを帯びて手にスッポリ収まるデザイン。ブラック、ホワイト、ブルー、オレンジ、グリーンの5色をそろえ、特徴ある形状と合わせて目を引きます。こちらは価格は検討中とのこと。


『Y!mobile』の料金プランは、ウィルコムの『だれとでも定額』同様の1回10分以内、月に300回の国内通話を含む定額通話に、データ通信量に応じた3段階のデータ定額をセットにした料金が発表されました。データ通信の上限が1GBの『スマホプランS』は2980円、3GBの『スマホプランM』は3980円、7GBの『スマホプランL』は5980円。国内通話が完全定額となる『スーパーだれとでも定額』のオプションは1000円で提供。いずれも税抜きの価格となっています。


主要3キャリアが発表している定額通話とデータ定額のプランでは、通信量上限2GBの6500円が最低料金と横並びな中、インパクトある料金設定といえそうです。

『Yahoo! JAPAN』とのサービス連携についても発表されました。基本料金でYahoo! JAPAN ID、「@yahoo.ne.jp」のメールアドレスが使える『Y!mobile メール』、オンラインストレージ『Yahoo!ボックス』が30GBまで、『Yahoo! ウォレット』の利用が無料に。既存のYahoo! JAPAN IDから設定することも可能。



『Yahoo! JAPAN』のサービス利用実績に応じて、翌月に利用可能なデータ通信量を追加で獲得できる『パケットマイレージ』のサービスも発表されました。こちらでは、5日連続でログインするとボーナスで最大200マイルが獲得できる『パケくじ』のサービスも提供。キャリアが提供するポイントサービスの中ではなかなかユニークな試みといえそうです。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP