ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤い空間に「!!!」の表記!?アパートの図面に描かれた謎の空間に「ヤバすぎる」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サラリーマンや公務員のボーナス支給時期が重なるとあって、夏は春に次ぐ引っ越しシーズン。そんな中、現在、twitter上で注目されているのが、意味深な”謎の空間”を持つ都内のアパートだ。

この物件、築35年のワンルームタイプで広さは12.96平米、場所はJR中央本線阿佐ヶ谷駅から徒歩5分という、かなり好立地のアパート。しかもこれほどまでに恵まれている物件にもかかわらず、家賃がたった2.4万円と、「超」のつくお値打ち物件なのだ。だが、図面を見てみると、部屋の片隅には赤く染められ、「!!!」と書かれた謎の空間が…実はこのスペースが「怖すぎる」と、話題になっているのである。

「こえーwwwなんなんだよこれ」
「絶対お札とか貼ってる系だぜ?」
「不動産情報にもここの写真載ってないよなw」
「誰かいるだろ、この中に」
「値段が安いのはこのスペースのせいだろ」

実際のところ、このスペースの正体が何なのかは現在のところ不明だが、図面と写真から判断すると、少なくとも片開き戸のついた”なにか”のスペースとなっていることだけは事実の模様。単なる「記載ミス」とも考えられなくもないが、あまりに謎が多いだけに、気になるところである。

文・鈴木將義

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/utsumi_tras/statuses/489399725456519168 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP