ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

癒やされたい人たちへ贈る、真夜中限定の“クラゲ水族館”

DATE:
  • ガジェット通信を≫
Walter Hugo & Zoniel

いまイギリスのリバプールに、話題のクラゲがいるという。

そのクラゲたちはいつも、夜の間だけ姿をあらわし、建物の前を通り過ぎる人たちの目を引きつける。

Walter Hugo & Zoniel

現在は廃墟となっている建物のファサードに取り付けられたのは、巨大な水槽。

毎夜10時になるとシャッターが開き、青い光の中でゆらゆらと泳ぐ、クラゲたちの幻想的な姿が見られるのだ。

Walter Hugo & Zoniel

昼間はシャッターが閉まっているため、通行人はこんな場所にクラゲがいるなんて、まったく気づかないだろう。

Walter Hugo & Zoniel

このインスタレーションは、ロンドンを拠点に活動しているアート・デュオ「Walter Hugo & Zoniel」による作品だが、公開当初はあえて匿名にしたという。

地域の繋がりが密接なこのエリアの特色を生かし、だんだんと口コミで広がっていったそうだ。

ちなみに、この水槽に設置されたカメラで撮影した映像は、リアルタイムで配信されており、ロンドンの街の中心部、メイフェア地区にある「Gazelli Art House」の外壁の巨大スクリーンで見ることができる。

Walter Hugo & Zoniel

水槽ごしに通りの様子を映しだす映像には、時折、通り過ぎる車や水槽に向けられたカメラのレンズなどが、映り込んだりすることもあるらしい。

リバプールとロンドンをつなぐ“真夜中のインスタレーション”は、今月26日まで公開中。

期間中、2つの街のどちらかを訪れるチャンスがある方は、クラゲたちに会いに行ってみる!?

Walter Hugo & Zoniel
http://walterhugoandzoniel.tumblr.com/

The post 癒やされたい人たちへ贈る、真夜中限定の“クラゲ水族館” appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。