ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

社民党ポスターに批判の声「子供をだしに使うなんてひどい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 社民党が7月16日公開した、集団的自衛権の行使容認を反対する新ポスター「パパは帰ってこなかった」 に批判の声が高まっている。

 社民党のFacebookページで紹介された、朝日新聞17日の記事によると、このポスターに登場する少年は、所属議員の子供であり、写真も党所属の地方議員が撮影し、経費を抑えたものだという。また「パパは帰ってこなかった」 というキャッチコピーには、内容が命に関わる問題なだけに、あえて「刺激的」にした狙いがあるとのこと。

【関連:千葉ロッテ、他球団挑発ポスター公開―最近人気の…なんだっけ…ほら、「惨劇の巨人」?面白いよねぇ!】

■政治に子供を利用するべきでない

 これについてネット上では、「自衛隊にはママもいるんですが」「社民党がそれを言うか」などといった声が多くある一方、「いい加減子供使うの辞めろ」「子供の政治利用はやめてください」「子供をだしに使うなんてひどい」といった、政党ポスターに子供を使ったことを批判する声も多く見られた。

■ポスターに写る子の安全は?社民党が「話題性」と引き替えにしたもの

 写真に写る少年は、横顔なものの大体の顔が分かるようになっており、知る人が見ればすぐ誰か分かるものと思われる。所属議員のご子息という事ではあるが、本人がこのポスターのもつ政治的意味を理解し出演しているとは考えにくく、また場合によってはこの子の今後の身の安全も懸念される。

 「話題性」や「経費削減」を優先し、子供を顔が分かる形でこうした政党ポスターに利用したのは、込めた意味がどうあれ、今後さらに多くの批判が集まるものと見られる。

※画像は社民党Facebookページのスクリーンショットです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP