ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「あの日から、パパは帰ってこなかった」 社民党のポスターに「これはひどい」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「あの日から、パパは帰ってこなかった」 社民党のポスターに「これはひどい」の声

集団的自衛権を巡る一連の議論に、党としての意思を示そうという狙いからなのか、社民党は7月16日、行使容認への反対を訴えるポスターを制作・発表した。

ポツンと寂しそうに座る少年の写真に、「あの日から、パパは帰ってこなかった」のコピーを盛り込み、「今、集団的自衛権にNOを。」と記したこのポスター、制作費を抑える目的から、エキストラとして党員の子供を起用し、写真も地方議員が撮影するなど、すべて党内で作業を完結させたという1枚だ。

しかし、この”社民党ファミリー”の手によるポスターに対し、ネット上では早くも厳しい声が。

「これはひどい」
「戦争する前提なのがすでにおかしい」
「子供をダシに使う一番卑怯な手法」
「別の理由で父親を失った家の子供のことを考えろよ」

…と、「国民の命に関わる問題だと訴える」という社民党の思惑をよそに、様々な批難が巻き起こっている。しかも、本題である「集団的自衛権」はそっちのけで、同党の体質に対する批判までが相次いでいるこの状況は、同党からすればとんだ藪蛇だ。

現在、集団的自衛権を巡る議論は実に様々。しかし、ネット上の評判を見るに、社民党のこの戦略、ちょっとした勇み足といったところなのかもしれない。

文・猪俣進次郎

【参照リンク】
・社民党 公式サイト
http://www5.sdp.or.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。