ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トム・クルーズ来日時の貴重な「ご挨拶タイム」に潜入!いろいろ話してくれたぞ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リピーター続出夏休み最強映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の弾丸キャンペーンで、トム・クルーズは大阪・福岡・東京と1日で回ったが、その関西空港~福岡空港へフライト中の機内で、マスコミへの”ご挨拶タイム”を実施した。以前のニュースでストレートインタビューを組まないトムの理由も判明したと記したが、まさしくソノ回答もココに。専用チャーター機内で順番にグリティーングを行った、トムとの会話の一部始終を公開しよう!

Q:大阪・道頓堀イベントはいかがでしたか?(他媒体からの質問)

最高だったよ。とっても楽しかった。天気はいいし、人もあれだけ集まっていて、面白かったね。”クルーズ”もしたしね(笑)。昨晩、日本に着いてすぐに、大阪のスカイビルディングに行ったけれど、とても美しい街だった。ありがとう。ホテルの部屋に一日中いてもつまらないよ(笑)。やっぱり外に出て、僕は人に会いたい。だからとってもよかったよ。

Q:SFチックな作風はお好きなんですか?(他媒体からの質問)

大好きだ。『マイノリティ・リポート』(02)は観た? ああいう映画がいいね。今回の機動スーツは自分たちでデザインしたもので、既製品じゃない。とても大変だったよ。戸田(奈津子)さんも着た(笑)。

Q:ウィリアム・ケイジ少佐って最初はヘタレですが、やがて兵士として成長します。人間的な幅があるキャラクターなので、演じる上では難しかったですか? 何度も死にますし。

楽しかったよ(笑)。難しいことはない。3年かけて企画を進めて、キャラクターを作る作業や構成やプランニングにも時間をかけたんだ。とても時間を費やしたよ。だからいつも次の映画のことを考えていて、ベターにしようと努力する。
企画立案は大変だが、面白い。あらゆるシーンのことを決めるので大変だが、楽しい仕事だよ。特に今回の映画はユーモアがあってロマンスがあって、ユニークだ。パッと見では恋愛映画に見えるけれど、ヒロインも面白いキャラクターで全然違う。僕はいわゆるコメディー的センスが好みなんだ。ドラマから浮いてくるユーモアがたまらない。キャラクターから浮いてくるユーモアは最高だよ!




Q:日本で特に好きな場所は?

日本はどこに行っても素晴らしいから、ひとつに決められないかな。もっとも日本は、特別だね。すべてがオリジナルな気がするよ。文化も違う、人も違う、いつもとても楽しい思いをしているよ。歴史もよく学べる。サムライの映画を作った時はサムライの勉強をしたけれど、すごくためになる。日本の知らないことを歴史で学べることに意味があると思う。

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、大ヒット上映中!

【参照リンク】
・『オール・ユー・ニード・イズ・キル』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP