ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャン=ピエール・ジュネ監督が最新作『天才スピヴェット』で初の3Dに挑戦

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「友達の家によく置いてある映画のDVDといえば?」部門にて堂々1位(※筆者調べ)でおなじみの映画『アメリ』。観る者すべてを幸せにしたその『アメリ』の監督である、ジャン=ピエール・ジュネ待望の最新作『天才スピヴェット』(原題:The Young and Prodigious T.S. Spivet)が、11月に日本公開されることが決定しました。

<ストーリー>
モンタナの牧場で暮らす10歳のスピヴェットは、生まれついての天才だ。だが、身も心も100年前のカウボーイの父と昆虫博士の母、アイドルを夢見る姉には、スピヴェットの言動が今ひとつ分からない。さらに、弟の突然の死で、家族の心はバラバラになっていた。そんな中、スピヴェットにスミソニアン学術協会から、最も優れた発明に贈られるベアード賞受賞の知らせが届く。初めて認められる喜びを知ったスピヴェットは、ワシントンDCで開かれる授賞式に出席するべく、家出を決意する。数々の危険を乗り越え、様々な人々と出会うスピヴェット。何とか間に合った受賞スピーチで、彼は<重大な真実>を明かそうとしていた──。

主人公・10歳の天才科学者スピヴェットには、本作が映画デビューとなるカイル・キャトレットを抜擢。7歳以下の武道選手権の世界チャンピオンでありながら、6か国語を話すことができるという彼は、まさに“天才少年” スピヴェットを演じるにふさわしい才能を備えています。昆虫の研究に人生を捧げる風変りな母親役として、ティム・バートン監督作品などで、やはりひと癖もふた癖もある変わった女性キャラクターをさまざま演じてきたヘレナ・ボナム=カーターが脇を固めます。

ジュネ監督は本作で自身初となる3Dに挑戦。ここにきて、なお新境地を開拓し続けるジュネ監督の最新作に期待しつつ、詳しい公開日などの続報を楽しみに待ちましょう!

『天才スピヴェット』

監督:ジャン=ピエール・ジュネ
原作:『T・S・スピヴェット君傑作集』ライフ・ラーセン著(早川書房刊)
出演:カイル・キャレット、ヘレナ・ボナム・カーター、ジュディ・デイビス、カラム・キース・レニー、ニアム・ウィルソン、ドミニク・ピノン
原題:『The Young and Prodigious T.S. Spivet』

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP