ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超潔癖症男 妻の実家のトイレと義母が握ったおにぎりを拒否

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中には潔癖症の人も少なくないが、度を越してしまうと迷惑になることも。群馬県に住む女性Mさん(45才)の旦那様(44才)は、まさに迷惑な潔癖症なのだという。

 * * *
 超がつくほど潔癖性の夫。電車では絶対につり革につかまらないし、公衆トイレなんて震えがきてもがまんして行かない。

 会社から帰ってくると、すぐにお風呂に直行するし、タオルは毎日洗濯しないと許さない。ベッドカバーも2日に1回は替えろって大騒ぎ。

 そんな夫が私の実家についてきたときのこと。「お願いだから変な潔癖性、出さないでよね」と念を押したら、「あはは。当たり前だろ。常識の範囲で行動するから、心配するなって」となんとも不安な一言。その不安は、すぐに的中したわよ。

 まずは母が「お腹が空いてるでしょ?」と作って出してくれたおにぎりを拒否。「お義母さん、ぼくね、他人がにぎったの、食べられないんですよ」ときた。

 さらに「もしかしてこのお漬物、お義母さんが漬けました? 見た目はおいしそうなんだけど…遠慮しときます」だって。

 とどめは「あ、ダメだ。トイレに行きたくなったからそろそろ失礼しようか」って。「トイレなら奥にあるけど」と言う父に「他人の家のトイレはちょっと…」って。

 父も母も黙り込んでしまって、気まずいなんてもんじゃない。潔癖性って、無神経って意味でもあったのね。

※女性セブン2014年7月31日・8月7日号

【関連記事】
太ってトイレでお尻をふけない妻「ふいて~」と夫に紙を渡す
自宅トイレの“座りション男性” 5年間で9.7%増加する
42才人妻 あまりに潔癖症だった夫に耐えられず離婚した過去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP