ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都議 政務活動費で54000円スマホや1万円分のキャンディ購入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1年間に日帰り出張195回など兵庫県議の不自然な出費で一躍注目を集めたのが「政務活動費」だ。東京都議会では議員1人あたり年720万円まで認められている。本誌は、都議会を中心に政務活動費の実態を調査した。

 都議会では1か月に86回もの会合に支出して自民党都議のケースがあったが、他にも、5万4000円余のスマートフォン購入代の半額を計上していた都議や、「政務調査来客用茶菓代」として1万円近いキャンディを買い込んだ都議もいた。スマホを購入した議員の事務所に聞くとこう答えた。

「携帯電話購入は都議会事務局で許可されたもの。ウチの先生はスマホのカレンダー機能でスケジュール管理するので必要経費です。都議会は事務方のチェックが厳しく、そこに通ったものなので正当な支出です」

 たしかに都のルールには則っているのだろう。だがスケジュール管理はすべての納税者がやっていることだ。ならば我々にもスマホ代を必要経費として税控除できるよう都条例を作ってもらいたいところだ。

●取材協力/若林亜紀(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
東京都議会政務活動費 セクハラ野次騒動当事者2人の状況は
自民都議会議員 政務活動費で1月に83回の宴会関連費用支出
政務活動費 東京都議会は総額8.8億円で98%使用、返還は2%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。