ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TUNECORE JAPAN、音楽データベース「Gracenote」と音楽アプリ「Shazam」に楽曲提供を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

チューンコアジャパンは、7月17日、世界最大級の音楽データベースであるGracenote Inc.が運営する「Gracenote」と、Shazam Entertainment Limitedが運営する音楽アプリ「Shazam」に、利用者の楽曲データの提供を開始した。

TUNECORE Japanは自分で作った楽曲を、利用者であれば、「誰でも」iTunes store、Amazon MP3、Spotify、KKBOX、music.jp など世界111ヶ国の配信ストアで販売できる、デジタル音楽のディストリビューションサービス。

今回の取組みにより、本サービスの利用者であるアーティストは、「Gracenote」と「Shazam」のデータベースに自分の楽曲を登録できるようになり、両社の独自の音声認識技術によって、オーディオフィンガープリントが作成され、国境を超え新たな音楽を探している世界中の人たちに、自分の楽曲を知ってもらう事が可能となる。

関連リンク

TUNECORE JAPANhttp://www.tunecore.co.jp/
Gracenote ウェブサイトhttp://www.gracenote.com
Gracenote Facebookページhttp://www.facebook.com/gracenotejapan
Shazam ウェブサイトhttp://www.shazam.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP