ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイモバイル、「Y!mobile」ブランドの第1弾スマートフォン「STREAM S 302HW」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワイモバイルは7月17日、「Y!mobile」ブランドの下で提供されるAndroidスマートフォン第1弾「STREAM S 302HW」を発表しました。発売予定日は8月1日です。「STREAM S 302HW」は、Huaweiが昨年海外で発売した「Ascend P6」のLTE版をY!mobile仕様にしたものです。302HWは、アルミフレームを採用した厚さ6.8mm・質量110gのスリムで軽量なボディに、4.7インチHDディスプレイと1.6GHz駆動のクアッドコアプロセッサ(Kirin910)を搭載しています。当時は、スタイル重視の”Ascend P”シリーズの新しいフラッグシップモデルとして販売されていましたが、既に後継の「Ascend P7」が海外で発売されている状況です。OSはAndroid 4.4(KitKat)で、Huawei独自UIの「Emotion UI」を搭載しています。ディスプレイは4.7インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶で、タッチパネルはインセル型です。また、”Magic Touch”技術で手袋をした状態でもタッチ操作を行えます。カメラは背面に800万画素(裏面照射型CMOS、F2.0レンズ、1080p@30fps動画撮影対応)、前面には500万画素を搭載。バッテリー容量は2,000mAhで、Quick power control (QPC) とAutomated discontinuous receptions (ADRX)という通信制御機能によって同じ通信でも非対応機種と比較して消費電力が約30%削減できるとされています。メモリは2GB RAMと8GB ROM(Micro SD最大32GBにも対応)を搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.0、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(900/2100MHz)、FDD-LTE 1700MHzに対応しています。もちろん、Wi-Fiテザリング(同時接続最大8台)にも対応しています。筐体サイズは66×133×6.8mm、質量は110g。カラバリはブラック、ホワイト、ピンクの3色となっています。Source : ワイモバイル


(juggly.cn)記事関連リンク
Wear Unlock : Androidスマートフォンのセキュリティロック画面をAndroid WearスマートウォッチとのBluetooth接続状況によって自動的にON/OFFするアプリ
HTC、「HTC One mini」の欧州オープンモデルにSense 6.0へのアップデートを配信開始
Samsung SM-T365はGalaxy Tab4 8.0ベースのAndroidタブレット? GFX Benchに登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。