ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Slow Music Slow LIVE ’14」にハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタンが出演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大人が楽しめるフェスとしてすっかり定着した「Slow Music Slow LIVE」が、今年も8月29日〜31日に東京 池上本門寺・野外特設ステージで開催される。

昨年、記念すべき10回目を飾った夏の恒例イベントSlow Music Slow LIVEは、今年から気持ちを一新。今回はそんな新たなスタートにふさわしい出演者が続々決定。新たに決定したのは、ハンバート ハンバート(30日)、チャラン・ポ・ランタン(31日)の2組。

すでに貫禄さえ感じさせるハンバート ハンバートは最新アルバム「むかしぼくはみじめだった」も好評、同作を携えたレコ発ツアーをスタートさせたばかり。そんな彼らが登場する30日は、佐野元春が初参戦して一気にヒートアップ。SMSLが夏のイベントとして定着する原動力となったORIGINAL LOVEやBONNIE PINK、昨年アコースティック・セットで登場して評判を呼んだCaravanが顔を揃え、最良のJ-ROCKとJ-POPが一夜にして楽しめる歴史的なライブになる。加えて進境著しい女性ボーカリスト土岐麻子とハンバート ハンバートが参加し、とびきりユニークなラインナップとなった。

メジャー第1弾作品「忘れかけてた物語」を7月9日にリリースしたばかりのチャラン・ポ・ランタンが登場する31日は、ワールドワイドで活躍するオリジネーター高橋幸宏と、そのファミリーが大集結する。 ギター佐橋佳幸とキーボード堀江博久のハイクオリティなバッキング・プレイが、高橋のボーカリストとしての魅力を引き立てる。そして高橋がデビュー作をプロデュースした高野寛は、25周年を迎えて“ミュージシャンズ・ミュージシャン”のポジションを不動のものにしている。なお、高野は高野寛TRIO(鈴木正人・宮川剛)としての参加となる。また、Curly Giraffeには高田漣が、青葉市子には小山田圭吾がコラボして、ここでしか聴けないサウンドが放たれる。さらには持田香織、チャラン・ポ・ランタンという唯一無二のテイストを持つ女性アーティストが、カラフルな色彩を与えることだろう。

初日となる29日は、強烈な個性を持つ2人の実力派女性アーティストの夢の対バンが実現。デビュー以来、独自の音楽を追求してきたSalyuは、様々なスタイルのライブを行なう。2009年以来の登場となる今回は一体どんなステージを見せてくれるのか。一方、Slow Music Slow LIVE初登場となる中納良恵はソロとして、EGO-WRAPPIN’とは異なる世界観を目指す意欲的なパフォーマンスが期待できる。まさにミステリアスな夜になること、間違いなし。

「Slow Music Slow LIVE ’14」オフィシャルサイト
http://lultimo.jp/smsl/

Slow Music Slow LIVE ’14 in 池上本門寺
会場:東京 池上本門寺・野外特設ステージ ※雨天決行、荒天中止
開催日:2014年8月29日(金)、30日(土)、31日(日)
開場/開演:17:30/18:30(29日) 14:00/15:00(30日・31日)
問合せ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999/http://lultimo.jp/

関連リンク

「Slow Music Slow LIVE ’14」オフィシャルサイト:http://lultimo.jp/smsl/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP