ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

総資産7兆円を誇る大富豪のあまりに清貧な愛車選びに驚きと称賛の声続々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、”その公式サイトがあまりにしょぼすぎるお金持ち企業”の記事(http://news.aol.jp/2014/7/5/badhomepage/)でご紹介した、世界最大級の投資持株会社バークシャー・ハサウェイ。そのトップに君臨するウォーレン・バフェット氏(83)の愛車について、サイト同様、目下その清貧ぶりが話題となっている。

このほど、アメリカのCNBCが報じたところによると、バフェット氏が運転するのは、ファミリーカーとして人気沸騰中のスバル「レガシィ・アウトバック」。価格は日本円にして275~300万と、総資産が7兆円にも達すると言われる世界有数のセレブが乗る車としては、極めて安価なもの。それもそのはず、同氏はここ数年全米で増えているというスバル愛好者”スバリスト”の一人なのだという。

「これが本当の金持ち」
「ここまで金持ちになると値段に関係なくいいものを買うんだよ」
「高級車を買う成金が小さく見えるなw」
「こういうのが本当の親日派だろ」
「この人に選ばれた日本製品をもっと誇りに思うべき」
「俺もそう思っていち早くスバル派になった」

と、ネット上のユーザーたちからは、昔から清貧派として知られる同氏の変わらぬスタンスと、彼に評価されたスバル車を称賛する声が。

ここ数年、全米で大躍進を遂げている日本発の自動車メーカー、スバル。その期待は、国内外を問わず、これからも高まりそうな見通しだ。

文・徳大寺正隆

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/BowenDK/status/486650889956913152 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP