ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

e+「エンタメ市場」がリニューアル、イベントをPOP形式で紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エンタテインメントプラス(以下 イープラス)では、“友達とシェアしたくなる、ちょっとおもしろいイベント情報に出会えるサイト”というコンセプトのもと、「エンタメ市場」をリニューアルオープンした。

「エンタメ市場」は、2009年1月、市場の活気づいてきたインディーズアーティストやライブハウス、小劇場といった公演のチケットプロモーションの場としてオープン。

今年で5年が経過。「エンタメ市場」を通じて販売・プロモーションされたイベント数は、累計80,000件に達している。今や、サイトに掲載しているイベントジャンルも、お酒の試飲会、セミナー・講演会、学園祭、グルメイベント、投稿動画サイト出身アーティストのイベントなど、多岐にわたる。

そこで、“この次、トレンドになるイベント”をユーザーにいち早く紹介するため、「エンタテインメントをもっと身近に」をキーワードにプロジェクトを始動。リニューアルにより、イープラス スタッフが、まだ世の中にはあまり知られていないオススメのイベント情報をより広く一般のユーザーへ発信していく。

新しい「エンタメ市場」では、イープラス スタッフが、まるでショップのバイヤーが目利きをするように、気になるイベントをPOP形式で紹介。紹介するイベントは「とがっているか、面白いか」のみ。幅広くエンタメ情報に通じているスタッフの「独断と偏見」による選定が最大の特徴。POPはすべてスタッフの手書き。紹介文もダイナミズム溢れた乱文。様々なサービスがデジタル化されているこの時代に、あえて、アナログのPOPで発信することによって、各スタッフの人肌感、肉声を演出する。

また、バイラルメディアのような拡散・共有性を実装。サイトを訪れたユーザーが、サイト内のシェア機能を利用すると、POP画像ごと情報がSNSへ投稿される。

エンタメ市場
http://ichiba.eplus.jp/

関連リンク

エンタテインメントプラス(イープラス)::http://eplus.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP