ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

160キロ記録の大谷翔平に村田兆治氏が球速アップのアドバイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本ハムの大谷翔平は2年目も投手・野手の二刀流を見事にこなし、特に投手としてはすでに4試合で160キロを記録して話題を呼んでいる。こうなるとオールスターゲーム(7月18、19日)での最速記録にも期待がかかるが、それも夢ではなさそうだ。
 
 理由がある。どうしても160キロを超えたことばかりが報じられるが、実はこの6月以降、大谷は「最高球速」だけではなく「平均球速」もずば抜けている。6月は3試合連続でストレートが全球150キロ超え。
 
 その後も1試合でのストレートの平均球速は150キロを上回り続けており、平均で155キロだった試合もある。かつて松坂大輔がプロデビュー戦で記録して日本中を驚かせたスピードを、コンスタントに出しているのだ。それでも力をセーブしているというから驚く。
 
「5月までは球速にこだわるあまり制球が乱れがちで、5回で120球近くに到達する試合もあった。6月以降はスピードを犠牲にしてでもコントロールを重視する意識に変わり、四死球も大幅に減った。本気で投げればもっと速い球が投げられるはずです」(スポーツジャーナリスト)
 
 オールスターでは2戦目、甲子園球場の試合での登板が確実視されているが、ここは日本球界が初めて160キロ超えを目の当たりにした場所だ(2005年、横浜・クルーンの161キロ。その後クルーンは162キロを記録)。甲子園は今年開場90周年、舞台も役者も揃っている。
 
 どうせなら日本最速を出してほしい。「マサカリ投法」で名を馳せ、還暦を過ぎた現在も速球にこだわる村田兆治氏もエールを送る。
 
「オールスターという舞台は、スピード記録を出すのにうってつけです。1試合を投げるならスタミナ配分などの問題もあるが、1イニングか2イニングなら関係なく全力投球ができる。対戦するのはリーグを代表する打者ばかりだから、相手に不足はないしね」
 
 村田氏は球速アップのためにこんなアドバイスをする。
 
「速い球を投げるには下半身のタメが必要。そのためには膝が柔軟性を持ち、ぶれないようにしなければ。もっと下半身を鍛えてタメができるようになれば、恐ろしい速球を投げるでしょう」
 
 大谷本人も、「全力で投げたいと思います」と記録更新にやる気を見せる。ファンは前人未到の163キロを記録するのを期待している。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
MLB球団スカウト 大谷翔平に「早く投手に専念してほしい」
160キロの球投げた史上最速球児 163キロが目標だったと監督
斎藤佑樹の年俸は田中将大の5日分 上回るのは学歴程度の評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP