ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

号泣野々村氏の母「うちの子は北野高校出たんや」の自慢が口癖

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あまりにもインパクトのある会見により、一夜にして世界の有名人となってしまった「号泣県議」の野々村竜太郎氏(47)。兵庫県川西市の市役所勤務という過去を持つ野々村氏は、市役所でも「扱いにくくてかなわん」(同市役所職員)ということで、いくつもの部署をたらい回しにされたそうだ。

 大声でわめき散らすこともあり、市民とかかわる部署にいると「何言いだすかわからん」ということで、外部の人と会わずに済む部署に移された。だが、職場でそのような評価を受けていても、母親にとっては自慢の息子だったようだ。

 野々村氏が川西市職員だったころの一家を知る人物がいう。

「“うちの子は北野高校を出たんや”いうのがお母さんの口癖でね。息子さんが市役所に入って間もなくの頃、近所を通ってる水路がどぶ臭くて、それを埋め立てようっていう話になったんやけど、野々村さんのお母さんが率先して署名集めをしていました。“ウチの子は市役所に勤めてるから、署名があれば絶対に実現してくれるから”って」

 その後、阪神大震災が発生したために埋め立て話は頓挫してしまったが、母は息子の実力を信じ、溺愛していたという。

「野々村さんが選挙に出ては落ちてを繰り返していた時は、お母さんが横に立って挨拶したり、もう手取り足取りやったからね。40を超えた息子にそこまでしなくても、というほどやった」(別の近所住民)

 身近に欠点をズバリと指摘してくれる人がいれば、こんなことにはならなかったかもしれないが、今となってはもう遅い。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
野々村元県議 市役所在籍時「人と会わぬ部署」に異動の過去
野々村県議、年老いた母と2人暮らしの自宅に帰らず 母も不在
野々村県議 生花店に「なんで俺に聞くんだよおおお」と激高

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP